Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

FBCCIは日本に自動車工場の建設を呼びかける

バングラデシュ商工会議所連合会 (FBCCI) は、日本の投資家に対し、手頃な価格で自動車を販売し、バングラデシュでの膨大な需要を最大限に活用して、最終的に双方に利益をもたらす自動車産業をバングラデシュに創設するよう促しました。

FBCCI の Md Jashim Uddin 委員長は月曜日、首都ムティジルの貿易委員会事務所で日本貿易振興機構 (JETRO) の職員との会合で、FBI はこの点で日本側と緊密に協力すると述べた。

ジャシム氏はジェトロの関係者に、バングラデシュの人々は日本を愛し、日本製品、特に自動車に対する需要が非常に大きいと語った. バングラデシュのほぼすべての道路や通りで、さまざまな種類の日本車を見ることができます。 ここに自動車工場を設立することは、日本製品の価格が比較的低く、日本企業がバングラデシュで巨大なビジネスの可能性を活用できるようになるため、両国にとって有益です。

FBCCIの会長は、「バングラデシュには大きな可能性があります。私たちは現在、1兆ドル規模の経済に向かっています。この目標を達成するために、国は政治的および戦略的な変革を遂げています。政府と民間部門は協力して貿易と労働条件を改善する。」

ジャシム氏はまた、FBI の創設 50 周年を記念して今年 3 月に開催されるバングラデシュ ビジネス サミットについて日本の代表団に説明した。

彼は、FBI は日本側の積極的な参加を期待していると述べた。

FBCCIの会長はまた、「バングラデシュのビジネスマンは、日本とのビジネス関係を拡大することに関心を持っています。彼らは、環境に優しく準拠した産業を確立することを強調しています。持続可能な産業化を確保するには、国間の技術移転が不可欠です。」

ジェトロの信谷和重社長は、連邦捜査局(FBCCI)の50周年を祝った。 彼はまた、バングラデシュ ビジネス サミットの大成功を祈った。

「日本とバングラデシュは長い間緊密に協力してきた。両国間の貿易関係は、ビジネスに有利な政策と戦略を通じて加速されるだろう」と彼は述べた。

会議には、FBI副長官ムハンマド・アミン・ヘラリ、事務局長ムハンマド・マフフーズ・フック、ジェトロの久保田聡ゼネラルマネジャー、および他の代表団のメンバーが出席しました。

READ  東芝は予想通り、第1四半期の利益に戻る