Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

FIBAU19ワールドカップでカナダが日本を支配

ベネディクトマトゥールは30ポイントを獲得し、日曜日のFIBAU19バスケットボールワールドカップでカナダを日本に100-75で勝利させました。

カイロでの2017年のトーナメントで2-0で進んだカナダ人には、ザックADが14ポイント、ライアンネンバードが11ポイントを追加しました。

「今日はチームとして大きな一歩を踏み出しました」とポール・ビア監督は語った。 「短いひねりと [facing] 地面を広げて5つの場所すべてからシュートするチームは、私たちに初めて挑戦を与えました。 私たちは3つすべてを守り、ゲームが続くにつれて再び上手くプレーしました。 ですから、私はこのグループと私たちが毎日どのように成長しているかに興奮しています。 「」

カナダは攻撃グラスで22-11を含め、日本を61-22で破った。 ADは15回のリスタートでリードし、CalebHoustonとNanaOwusu-Ananeがそれぞれ8回を獲得しました。

「私たちはそれを挽いた」とヒューストンは言った。 「最初は接近していたので、ディフェンスを取り、攻撃とディフェンスの再編成を開始し、第3四半期の半ばにオープンしました。」

カナダは地面から48パーセント、スリーポイントの範囲から34パーセントを撃ちました。

「今日は良いチーム勝利だと思った」とネンバードは語った。 「私たちはたくさんの武器を持っています。毎日、大きなゲームを持った新しい男になることができます。これまでのところ、トーナメントの開始は非常に遅いので、できれば良い状態になると思います。スロースタートを排除します。」

カナダ人はハーフタイムで40-33をリードしましたが、3位になり、76-54で決勝に進みました。

土曜日にリトアニアを80-71で破ったカナダは、火曜日にセネガルと対戦します。

READ  「私たちが日本に恋をしたとき、私たちはお互いをとても愛していることに気づきました」