Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 井上尚弥がタイトル統一戦で歴史を追う

[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 井上尚弥がタイトル統一戦で歴史を追う

SportsLook で全文を読む – [JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 井上尚弥がタイトル統一戦で歴史を追う

12月26日火曜日の夜、有明アリーナのリングに上がるとき、井上尚弥はこれまでプロボクサーが成し遂げたことのないことを達成しようとするだろう。

彼の探求? 4ベルト時代(2004年以降)に2年連続(実際には13か月)で2階級で誰もが認める世界チャンピオンとなった。

井上(25勝0敗、22KO)はWBCとWBOのスーパーバンタム級タイトルベルトをかけて、IBFとWBAのタイトルを持つフィリピン王者マーロン・タパレス(37勝3敗、19KO)と対戦する。

多くのファンに「野獣」の愛称で知られる井上は、2022年12月13日の11回戦でポール・バトラーをパンチ連打で粉砕して階級を統一したわずか数週間後、2023年初めに4つのバンタム級タイトルベルトを返上した。

間違いなく、井上はより重量級での新たな挑戦に向けた準備ができていた。

広告


福島の安全と高山処理水の放流
井上尚弥
井上尚弥選手が7月25日、東京でWBCおよびWBOスーパーバンタム級世界チャンピオンに輝いた。 (Ⓒサンキー)

インタビュー 1月のNHK「バックストーリー」シリーズで、井上は伝説的なボクシングキャリアのこの舞台についての思いを語った。

「モチベーションを維持することが重要だと思います」と井上さんはNHKに語った。 「自分を奮い立たせなければ上達はできない。だからこそ、強い相手と戦い、新たな挑戦をすることが大切だ」。

それから数か月間、彼はモチベーションを維持するのに何の問題もなかった。

スーパーバンタム級王者としての初戦で、井上は7月25日、有明アリーナでアメリカのWBC、WBO王者スティーブン・フルトンをKOし、8回テクニカルKO勝ちを収めた。

これにより、フルトンがタイトルベルトを失った7月に東京アリーナにいたタパレスとの注目を集める対決の舞台が整った。

井上尚弥
井上尚弥は12月15日に横浜で練習。 (共同)

井上尚弥、映画『タバレス』の準備を振り返る

5か月前にフルトンに印象的な勝利を収めて以来、井上は今年を締めくくる次の試合の準備に専念してきた。

12月15日に横浜の大橋ボクシングジムで記者団に対し、30歳のファイターは試合前の準備に満足していると語った。

広告


福島の安全と高山処理水の放流

共同通信によると、井上氏は「これまで以上に興奮しており、予想を超えていた」と述べた。

彼はさらに次のように続けた。「私はどこでも熟練したボクサーと対戦することを前提にトレーニングしていた。 [and] 「フルトン戦のときよりも調子がいいです。」

クリスマスの翌日にキャリア初の敗北を喫したくなかった井上は、タイトル統一戦を前にタパレスのメンタリティーをよく知っていたと語った。

共同通信によると、井上監督は「タバレス選手は番狂わせを起こそうとしているので、注意したい」と語った。

メディアが参加した最近のトレーニングセッションで、井上はタパレスとの試合に向けたトレーニングスタイルについて興味深い詳細をいくつか語った。

「この試合では、私はこれまでとは異なるトレーニングシステムに取り組み、調整し、何でもできる良いボクサーという自分のイメージを心の中に構築しています」と井上は語った。 フィリピンスター

野球スターの山本由伸や大谷翔平などのニュースを含む全文を、SportsLook で読み続けてください。

広告


福島の安全と高山処理水の放流

関連している:

著者: エド・オデビン

エドを探す ジャパンフォワードカスタムウェブサイト、 スポーティな外観 彼についていく [Japan Sports Notebook] 日曜日に、 [Odds and Evens] 平日とX(旧Twitter) @ed_oven

READ  ブレントフォード 2 - 2 トッテナム