Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Jiraはフィリピンの会社AboitizPowerに15億8000万ドルを投資しています

東京発-日本の発電会社JERAは、石炭からクリーンエネルギーへの移行に伴い増大する電力需要を活用したいと考えており、フィリピンの大手公益事業会社であるAboitizPowerに15億8000万ドルを投資しています。

東京電力と中部電力の合弁会社であるJERAは、親会社であるアボイティスエクイティベンチャーズとその子会社から株式を購入する契約を締結しました。 Jiraは月曜日、Aboitiz Powerの株式の約27%を所有すると発表しました。

Aboitiz Powerは、国内の電力需要の増加に伴い、建設中の施設を含む現在の4.6GWから2030年までに9.2GWに発電量を増やすことを目指しています。 現在の容量の60%以上を占める石炭火力発電所のシェアを再生可能エネルギーとLNGから削減したいと考えています。

Jiraの主要な投資決定は、同社が2050年までにカーボンニュートラルを達成することを目指していることにもあります。 [Aboitiz]、気候変動対策を追求する強い意欲を持つ企業」とJERAの小野田聡社長は記者会見で語った。

フィリピンでLNG電力の需要が高まる中、JERAはLNG調達の経験をAboitizと共有したいと考えています。 JERAはまた、火力発電所での技術の提供や、再生可能エネルギープロジェクトでのAboitizとの協力も検討します。

日本では、JERAは火力発電所でアンモニアや水素などの無炭素代替物を使用する技術に取り組んでいます。 長期的には、JERAはそのような技術をアボイティスの発電所に導入することを検討します。

READ  オリンピックが東京の経済にどのような打撃を与えたか