Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

PH Creative Designs が日本から 2,200 万ドルのビジネス リードを獲得

PH Creative Designs が日本から 2,200 万ドルのビジネス リードを獲得

フィリピンは、東京への最後の 1 週間の訪問中に、90 を超える日本企業から 2,200 万ドルの潜在顧客を生み出す代表団を作ることができました。

貿易コンサルタントで東京の特別貿易代表者であるディタ・アンガラ・マータイ氏は、23社から35名の代表者によるパンデミック後の最初の日本へのフィリピン貿易ミッションが昨年7月に東京を訪れ、ゲームとアニメーション開発のアウトソーシングの機会と標準的なベストプラクティスについて概説したと報告しています。 クリエイティブ業界で。

Angara-Mathay 氏は、フィリピンの代表団は東京で 90 人以上の日本の利害関係者と交流することでリードを生み出すことができたと述べました。

「日本の文化的表現、視覚芸術、デジタル インタラクティブ メディアに没頭し、高度な技術で遊んでいる私たちの代表者は、ビジネス開発と能力構築プロジェクトにおける潜在的なパートナーシップを特定しました。その中で最も重要なのは、フィリピンのクリエイターからスキルをアップグレードするものです。日本スタイルのアニメーションとゲーム開発」と彼女は言いました. Angara Mathi.

彼女は、23 人のフィリピン人イノベーターが、フィリピン人が所有し、フィリピン人をテーマにしたオリジナルのデジタルクリエイティブ IP アドレスを促進および開発しながら、世界のクリエイティブな世界経済に社会的に反応し、持続可能な貢献をするために、海外で多文化体験を求めていると説明しました。

DTI 輸出マーケティング局 (DTI-EMB) は、フィリピンのゲーム開発者協会 (GDAP)、サイバークラフト フィリピン協会、およびフィリピンのクリエイティブ コンテンツ クリエーターズ アソシエーションの CEO メンバーを招待しました。 (SIKAP)、関係者に加わる。 セブ商工会議所のメンバーは、創造的なサービスの地域センターになるという国の野心に向けて共同で取り組んでいます。

「私たちは、海外市場でビジネスチャンスを探り、グローバルなベストプラクティスから学ぶことで、フィリピンのクリエイティブ産業の成長見通しを改善したいと考えています。2021 年には、クリエイティブサービスは国の総経済生産の 7% を占めました。私たちは、私たちが構築するものになりたいと考えています。 ICT、アニメーション、ゲーム開発、デジタル マーケティング、デザイン サービスの国際的な機運の高まりについて。

このミッションは、東京のフィリピン貿易投資センター (PTIC) と DTI の日本現地事務所によって組織され、日本アセアン センター (AJC)、日本商工会議所 (JCCI)、内閣などの機関パートナーの支援を受けました。宇宙政策室。

AJC はコンピュータ エンタテインメント ソフトウェア供給者協会、日本アニメーション協会、株式会社ゲームエイジ研究所から専門家を招待しました。 AERA Labでは、日本の最新CGアニメーション技術、日本市場におけるゲームユーザーの特徴、日本のゲームやアニメの国際協力の展望など、気になるトピックを紹介します。 午前と午後のセッションには、任天堂、角川、Altplus Inc. とのランチ ミーティングが散在していました。 株式会社カトマサそして SpiderPlus と Active ReTech。

代表団はまた、ブリーフィングに耳を傾け、対話に参加し、クリークとリバーの施設とガレージセンターを見学しました。 クリーク アンド リバーは、約 80,000 人のコンテンツ クリエーターと 1,000 近くのパートナー企業で構成される大手コンテンツ クリエーター エージェンシーです。

センター オブ ガレージは、ディープ テック スタートアップのイノベーションを加速するという集合的なビジョンを共有するスタートアップ、巨大工場、大企業のインキュベーション センターです。 日本を拠点とするスタートアップ6社はいずれもフィリピン市場への参入に強い関心を示しており、建材、宇宙資産からのビッグデータを利用した農業への応用、電気自動車の蓄電池、藻類技術を利用した環境に優しい洗濯物、ジオテキスタイル用の生体材料におけるイノベーションを発表しました。 処理および処理剤として藻類を含む理化学研究所のプロジェクト。

一行はまた、日本のオタク文化の中心地である秋葉原、最新のデジタル技術と映像技術を使って地域の振興と活性化のための芸術と文化を紹介する NTT アートテクノロジー ミュージアム、地元の人々が参加する毎年恒例のイベントであるコンテンツ トーキョーを訪れました。 グローバル コンテンツ クリエーター、ディストリビューター、ソリューションおよびテクノロジー プロバイダー、マーケティング会社、ライセンス プロフェッショナル。

毎日のニュースレターを購読する

ここをクリックして登録

READ  テレビジャパンはケーブルに別れを告げ、新しいストリーミングプラットフォームJmeで未来を受け入れる