Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

The Fiji Times »日本の投資家は投資をするためにここにいます

日本の投資家は、再生可能エネルギー部門への投資の可能性を求めて日本に来ていました。

最近シガトカで講演したアヤズ・サイド・カユム経済相は、専門家チームが小規模な水力発電所の設立に関心を持っていると述べた。

「私たちは、現在フィジー電力公社と呼ばれ、現在はEFLと呼ばれている私たちの電力会社でのダイベストメントの機会を国際的に発表しています」と彼は言いました。

「私たちは数年前に会社を設立し、独立性を高め、国際入札プロセスを経ました。

当初、フィジーの National Provident Fund が株式の 20% を購入しました。

「2年も経たないうちに、彼らは多くの殺害を成し遂げました。

「彼らは約3600万ドルに達するような利益を上げたと思います。」

彼は、他の外国人投資家の関心が高まっていると述べた.

「外国語としての英語に戻ることに、私たちはとても興奮しています。

「私たちは2050年までに正味ゼロエミッションの目標を持っています。

「私たちが先週会った約6~7人の日本の専門家からなるチームがすでにあり、フィジーでこれや他の多くの再生可能な機会を検討していました。」

これは、フィジーの足跡をよりきれいにするだろうと彼は言った.

「また、国の目標に関係なく、これを強調します。フィジーに投資する可能性のあるビジネスとして、再生可能エネルギーから商品を生成または生産できるという利点があります。

「それは、あなたの製品、あなた自身の特性などを売り込むことができるという点で、あなたにその利点を与えます.」

READ  ウォール街のリバウンドが3日間の下落を打った後、世界の株式はまちまちでした