「試合で負けられない」女子プロレスラー浜田文子が覚醒剤使用で逮捕

大会の欠場理由「やむを得ない事情」とは?

覚醒剤を使用したとして、37歳の現役女子プロレスラーが、警視庁西新井署に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された。

逮捕された女子プロレスラーとは、東京都足立区谷在家に住む浜田文子容疑者(37)。

捜査関係者によると、浜田文子容疑者はすでに逮捕容疑を認めており、「自宅で覚せい剤を使用した。試合で負けられないというプレッシャーがあった」などと供述しているという。

浜田文子容疑者

(関連記事:【また覚醒剤使用で逮捕】〝仮面ライダー俳優〟が薬物に溺れた理由は?

(関連記事:山口達也〝犯行の真相〟を捜査関係者が暴露

(関連記事:【覚醒剤】AV女優・麻生希逮捕で、さらに大物女優が逮捕される?

(関連記事:【相次ぐ芸能人二世の犯罪】大竹まことの娘を大麻所持で逮捕

「4人の刃物を持った者が私を狙っている」と謎のメール