Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「それはすべてからの素晴らしい休憩でした」:海で29日失われた後に2人の男性が救助されました| ソロモン諸島

GPSトラッカーが沖合での作業を停止した後、29日間海上で過ごした2人のソロモン諸島の男性が救助されました パプアニューギニア -彼らの旅が始まった場所から400キロ。

LivaeNanjikanaとJuniorQoloniは、西部州のモノ島から出発しました。 ソロモン諸島、9月3日の朝、60馬力の小さなエンジンを1つ搭載したカヌーで。

夫婦は、ベララベラ島の西海岸と左側のギゾ島をガイドとして、ニュージョージア島のヌルの町まで南に200キロ移動することを計画しました。

「私たちは以前に旅行をしたことがあり、それは大丈夫だったはずだ」とナンジカナは言った。

しかし、ナンジカナのような経験豊富な船員でさえ、ソロモン諸島を隣国のパプアニューギニアから隔てるソロモン海は非常に困難で予測不可能です。

地図

旅の数時間後、彼らは大雨と強風に遭遇し、彼らがたどるはずの海岸を見るのが困難になりました。

「悪天候が来たときは悪かったが、GPSがオフになるとさらに悪化して怖くなった」と彼は語った。 「どこに行くのかわからなかったので、エンジンを切って燃料を節約するのを待つことにしました。」

彼らは航海のために詰め込んだオレンジと、ぼろきれを使って閉じ込めた海と雨水から集めたココナッツを食べて、北西約400 kmを29日間歩き回り、最終的にニューブリテン島の沖合で漁師を見つけました。ギニア。

「私たちは自分たちがどこにいるのかわからなかったが、他の国にいるとは思っていなかった」とナンジカナは言った。

男性は非常に弱っていたので、10月2日にポメオに到着したとき、彼らはボートから近くの家に連れて行かれました。

それ以来、彼らは地元の診療所で評価され、現在は地元のポミオ、ジョー・コレアロと一緒に暮らしています。 ソロモン諸島放送公社の場合:「今、彼らは私たちと幸せに暮らしています。」

ナンジカナ氏は、世界的大流行の混乱からの強制的な休憩など、経験からいくつかのポジティブな点を取り入れたと述べた。

「そこにいたとき、何が起こっているのかわからなかった。コビッドなどのことは聞いたことがなかった。家に帰るのを楽しみにしているが、それはすべてからの素晴らしい休憩だったと思う。」

パプアニューギニアに本拠を置くソロモン諸島の外務貿易省の最高責任者であるマリー・ワレニア氏は、2人の男性が帰国できるように手配するためにナンギカナと連絡を取っていると述べた。

二人の男が去ったモノ島のすぐ北には、パプアニューギニアのブーゲンビル島があります。

7月、ブーゲンビルの保健大臣、チャリナプト、彼の妻、彼らの息子、その他4人を乗せたボート 荒れ狂う海に姿を消した。 地元の先生だけが見つかりました。

ほんの数週間前、別のボートがブーゲンビル沖で姿を消し、13人の乗客が乗船し、36時間後に目的地の北50キロに到着しました。 ブーゲンビル警察署長のフランシス・トコラ氏は、政府は悪天候時のボートの移動を制限することを検討していると述べた。

READ  4、600年前のエジプトのファラオのソーラーボートを大博物館に移す