Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「それは悪い人のようです」:エアフォースワンで雪から登るバイデンのビデオがバイラルになりました

大統領 ジョー・バイデン 吹雪が米国の首都を停止させたとき、それがワシントンDCに着陸したとき、それはエアフォースワンに雪が降った。 バイデンがついに飛行機を離れるビデオはすぐにバイラルになり、ソーシャルメディアユーザーは79歳のドナルドトランプ前大統領と比較しました。

「バイデン大統領はエアフォースワンの悪党のように見えます。彼は他の男とは異なり、雪を恐れていません。」 あるTwitterユーザーは言った。

2018年11月、トランプが髪を濡らしたくなかったためにアメリカの戦没者を称えるために50マイルを運転するのではなく、パリのホテルに滞在することを決めたのを覚えていますか? 別のアカウント所有者が書いた。

「バイデンは吹雪の真っ只中にエアフォースワンをアンドリューズ空軍基地に飛ばして仕事に復帰させた。トランプはこのような状況でもウィンターホワイトハウスでゴルフをしていた」と 三番目は言った。

バイデン氏は、空港のスタッフが大雪の中を駆け抜けてエレベーターを飛行機のドアに持って行った後、飛行機から降りることができました。 ブリザードは、大統領のヘリコプターであるマリーンワンを接地しました。これは通常、大統領をアンドリューズ空軍基地からホワイトハウスに連れて行き、週末をデラウェアの家で過ごした後、バイデンを霜の中に押し込みました。

作業員は、階段を運んでいるトラックが氷の中を苦しんでいるときに、チーフが駐機場に30分間立ち往生した状態で、トラックを押しました。

ジョー・バイデン大統領は、2022年1月3日にメリーランド州アンドリューズ空軍基地にエアフォースワンに乗って到着します。

(ロイター)

イーゼルで階段を降りるとき、バイデンは雪で顔を覆った。 シークレットサービス エージェントは彼のすぐ後ろを追います。

通常大統領を輸送していた装甲リムジンは、首都の雪に覆われた通りを処理するためにSUVバージョンに置き換えられました。

冬の天気フォトギャラリー

(著作権2022 AP通信。無断複写・転載を禁じます)

記者団のメンバーは、2022年1月3日、米国メリーランド州のジョイントピースアンドリュースにある車列まで雪の中を歩きます。

(ロイター)

ジョーバイデンは、メリーランド州で2022年1月3日の吹雪の間にアンドリュース空軍基地に到着します

(ゲッティイメージズ経由のAFP)

ジョー・バイデンの車列は、2022年1月3日、アンドリューズ空軍基地から米国ワシントンのホワイトハウスに引き渡された後、ウェストウィングの外の雪の中に立っています。

(ロイター)

メリーランド州のアンドルーズ空軍基地からホワイトハウスへの旅行は、首都の通りが通常最高司令官に閉ざされているため、通常約30分かかり、猛吹雪の中で1時間以上かかりました。

ジョー・バイデン大統領の車列は、2022年1月3日月曜日、メリーランド州アンドリュース空軍基地での冬の吹雪の最中に、エアフォースワンの隣の駐機場で見られます。

(AFP)

ジョー・バイデン大統領は、2022年1月3日月曜日、ワシントンに向かう途中、メリーランド州アンドリュース空軍基地で冬の吹雪の最中にエアフォースワンに到着します。

(AFP)

大統領の車列は通常、首都の住民によって時速60マイル(100 km / h)で加速されますが、月曜日には時速20マイル(32 km / h)に減速することがあります。

車列はある時点で6分間停止し、大統領と一緒に旅行しているジャーナリストは、トラックが道路を横切って滑ったと報告しました。

記者はまた、道路沿いの倒木や廃車にも注目した。 D.C.、バージニア州北部、メリーランド州中部では、約10インチの雪が予想されます。 国立気象局によると、吹雪は木曜日の朝まで大都市圏を曇らせる可能性があります。

月曜日の天気を経験した大都市圏の住民は、バイデンと彼の側近だけではありませんでした。 大雪が地面に落ちた木の枝を壊したので、米国議会議事堂警察は国会議事堂の周りの敷地を閉鎖しました。

バイデンは、デラウェア州ウィルミントンでの6日間の休暇から戻ってきました。悪天候のため、連邦政府と地区の学校が閉鎖されました。

ホワイトハウス報道官のジェン・サキとの2022年の最初の記者会見も、混沌とした天候の中で中止されました。

「ワシントンD.C.地域の連邦政府の事務所は閉鎖されているため、本日記者会見は行われない」と同局は述べた。 プサキさんの最後のブリーフィングは12月23日でした。

ホワイトハウス記者協会(WHCA)は最近、Covid-19のオミクロン変異体の蔓延が症例の増加につながったため、ブリーフィングルームで許可される記者の数を減らすことを決定しました。 ワシントンD.C.は最近ウイルスのホットスポットになりました。

1月2日、首都での新規症例の1日あたりの7日間の平均は2,000を超え、12月13日の100をわずかに超えていました。

WHCAの社長であるスティーブン・ポートノイは、日曜日について記者団に宛てた手紙の中で述べた。

ブリーフィングルームで利用可能な49席が14席に減りました。

READ  最大500万人の英国人観光客がヨーロッパから締め出される可能性があります