Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「アベノマスク」日本政府が無料マスクに支払う価格は2.4倍の差がある:お得

「アベノマスク」日本政府が無料マスクに支払う価格は2.4倍の差がある:お得





2020 年 4 月 27 日のファイル写真には、日本政府が配布した布製マスクが東京都千代田区で写っています。 (毎日/宮武祐希)

東京 – 日本政府は、コロナウイルスのパンデミックの最初の年に、国内のすべての世帯に無料で配布されたマスクに 2.4 倍の金額を支払ったと、裁判所の判決を受けてリリースされた契約の詳細が明らかになりました。

2020 年 3 月から 6 月にかけて、当時の安倍晋三首相の政権は、総額 442 億円 (約 3 億 2900 万ドル) を費やして、日本のすべての世帯に 2 枚の布マスク「アベノマスク」を提供し、福祉施設や学校に配布しました。 政府は裁判所の判決前に、ベンダーの名前と契約金額を公開しましたが、各企業から購入したマスクの単価や数は公開しませんでした。

この不公平を信じて、神戸学院大学の神脇浩司教授を含むグループは、注文された3億2000万枚のマスクごとにどの企業にいくら支払ったかの記録へのアクセスを求めて政府を訴えた. 今年2月、大阪地裁は政府に契約解除を命じ、上脇らは判決確定後の4月24日の記者会見で数値を発表した。

契約は、政府が問題の期間中に17のサプライヤーと合計32の契約を交渉し、会社と契約のタイミングに応じて、税込みで1ユニットあたり68.9〜165円(約0.51〜1.23ドル)を支払ったことを明らかにしました。 署名済み — 2.4 倍の違い。

約1億1000万枚のマスクを最も多く購入した業者は、5回の契約すべてで1枚当たり143円を受け取った。 しかし、2番目に大きい約7200万ドルを提供した別の商社に支払われた単価は、一連の取引の後、130.9円から139.5円に上昇しました。

2020年3月に政府の取り組みに最初に対応したこれら2社を含め、6社が全体の8割にあたる2億5,800万枚のマスクを供給し、単価は130円から140円台に集中し、残りの11社が契約を結んだ。 5月以降は100円台~120円台が中心、単価制。

2021 年 11 月の監査委員会の報告書は、政府が「ベンダーの見積書に記載された金額で契約を確定した」ことを示していました。 報告書は、マスクをこの量で調達する必要がないため、政府が市場価格を分析して計算することは困難であると付け加えました。

神脇はまた、契約がどのように交渉されたかを詳述する文書の公開を求める訴訟を起こした.

【安本久美子】 マイニュース

READ  日本の刀鍛冶の見習いは週 5 日、5 年間無給であると宣伝されています。