Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「ザ・ボーイ・アンド・ザ・サギ」は米国と日本以外でもNetflixで配信予定

「ザ・ボーイ・アンド・ザ・サギ」は米国と日本以外でもNetflixで配信予定

ストリーマーは国際市場でのスタジオジブリ映画の契約を更新した

最近オスカー長編アニメーション賞を受賞した宮崎駿監督の『少年とサギ』は、米国と日本を飛び越えて、今年後半に世界的ストリーミング大手のネットフリックスに移行する予定だ。

この手描きの絶賛されたファンタジー アドベンチャー映画は、Netflix と日本の制作会社スタジオ ジブリ、販売代理店のグッドフェローズ、および独立系配給会社のギギッツとの間で締結された新たなグローバル カタログ契約の一部です。 発売日は発表されていない。

『The Boy and the Heron』は4月3日から中国で劇場公開され、米国と日本でも劇場再公開されることが最近確認された。

Netflix、スタジオジブリ、グッドフェローズの前身であるワイルドバンチ・インターナショナルは、2020年2月に複数年契約を締​​結した。 Netflixとの契約では、ワーナー・ブラザースが所属する米国は除外されている。 Discovery の Max は、スタジオ ジブリ映画のストリーミング権と、スタジオ ジブリの本拠地である日本市場のストリーミング権を所有しています。 米国では最近、『The Boy and the Heron』が劇場公開後にMaxでストリーミング配信されることが発表された。 これはまた、マックス(以前はHBOマックスとして知られていた)をスタジオジブリ作品のアメリカ本拠地とする2020年の契約延長を意味するものでもあった。

海外地域では、Netflix は「千と千尋の神隠し」、「となりのトトロ」、「ポニョ」、「もののけ姫」、「ARRITY」、「魔女の宅急便」、「プリンセス ストーリー」を含む 22 のスタジオジブリ映画のストリーミングを継続します。かぐや様』は28か国語の字幕と約20か国語の吹き替えで利用可能です。

宮崎監督にとってオスカー受賞は、2003年に『千と千尋の神隠し』でアニメーション特別賞を受賞して以来、『少年とサギ』で2度目となった。 彼はまた、2014 年に「映画への並外れた貢献」に対してアカデミー名誉賞を受賞しました。

『少年とサギ』は昨年7月に日本で公開された。 Box Office Mojoによると、10月からその他の国でも公開され、全世界で1億6,800万ドルの興行収入を記録した。 そのうち約4,600万ドルは北米からのもので、GKidsの最高の興行収入をあげた映画であり、北米(国内)市場では最大の日本のオリジナルアニメとなった。

READ  パキスタンはパスポートなしで日本に向けて出発するアフガニスタン人にビザを発行しました