Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「スウィングスリッパ発祥の地」:世界市場に足跡を残す西日本の都市



ビーチサンダルデザインコンペティションのエントリーは、神戸から提供されたこの写真で紹介されています。



神戸から提供されたこの写真で紹介されているCBAの「スリッパ」のペア。

神戸-世界初の「スリッパ」はどこで作られましたか? この西日本都市の政府は、永田区が「ビーチサンダルの発祥の地」であると主張しており、その称号で、元々は化学靴産業で知られていたこの勤勉な地域のアイデンティティを回復する予定です。 1995年の阪神大震災。

現在世界中で人気のある伸縮性のあるショーツは、1950年代にこの区のゴム工場で発明されたと言われています。 日本の伝統的な草履に着想を得ています。 1960年代には、ビジネスが活況を呈し、約1億ペアが輸出されました。 しかし、ビーチに行く人の数が地元で減少し、生産が海外にシフトしたため、業界は勢いを失いました。 地震は最後の打撃であり、この翼の工場を襲い、現地生産は終了しました。

地方自治体は、国内で唯一残っているメーカーであるTSUKUMOCo。と協力しました。 株式会社東京都台東区を拠点としています。 中島宏之(48)は、長田区をはじめとする各地の工場で生産を行い、衰退以来国内生産を復活させてきた。

中島は当初、フィリピンなどからの輸入品を販売する会社で働きながら、高品質の「MadeinJapan」サンダルを作ることを夢見ていました。 2004年に、地震までスリッパを作っていた神戸近郊の町、江波の工場に卸売業者から初めて紹介されました。 彼はまた、永田の合成靴工場から助けを得て、最終的に2013年に独立の準備ができました。

彼は、金型、ゴム底、パンティーなどのすべての部品を製造するために、分割労働による製造システムを作成しました。 サンダルは、ソールがつま先に向かって下に傾くようにうまくフィットするように設計されており、フリップフロップは足の親指の周りでよりタイトになり、その他の機能強化が施されています。 TSUKUMOは現在、年間約10万ペアを収集し、米国と香港に出荷しています。



中島宏之さん(右)は、長田区役所と契約を結んだ後、2021年3月12日に神戸で撮影された写真(神戸からの写真)に写っています。

今年の3月、ウィンガーとスリッパのメーカーは、これらのラバーサンダルの起源を共同で発表する契約を締結しました。 彼らはこのスイートに住む障害者の間でデザインコンペを開催し、94のエントリーから3つが今年の夏に市場に参入するために選ばれました。

この合意により、海外で高く評価されているスイートの居住者であるCBA(シーバと発音)とのコラボレーションが実現しました。 彼はクラウドファンディングで販売された永田のオリジナルサンダルをデザインしました。 つくもが「ビーチサンダルの日」と呼んだことを記念して、8月3日にはイベントも予定されています。 (なぜこの日付なのですか?日本語では靴は「ビーさん」と呼ばれ、アルファベットのBは8のように見え、「さん」を意味します3。)

中島氏は、「この分野で蓄積された高い製造技術の支援を受けて、流行後も誰もが楽しめるBさんを世界に提供したい」と語った。

(日本の起源は山本真也、神戸事務所)

READ  日本は円安が経済に与える影響を研究している、とヴィンミン・スズキは言います