Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「スマホウォーキング」の危険性と格闘する日本

スマートフォンを見つめている歩行者が巻き込まれた致命的な事故は、私たちの画面依存症の影響がいかに致命的であるかを強調しています。
現在、当局は問題に対処する方法を見つけようとしています。

7月のある夜、31歳の女性が東京の踏切に立ち寄ったときにスマートフォンを見ていました。

防犯カメラの映像は、防犯障壁が下げられ、サイレンが近づいてくる電車を発表した後、画面を見つめている女性を示しています。

彼女は現場で亡くなりました。

監視カメラの映像を調べた警察は、女性は電車が来ることを知っていたが、無事に到着したと推測した。

警察は、電車にぶつかって死亡した女性が、防犯壁の下に立ってスマートフォンを見ていると推測している。
ビデオを見る00:24

携帯電話の使用が人々の視界にどのように影響するかを10年以上研究している愛知県立工科大学名誉教授の小塚和弘氏は、それは非常に可能性があると述べています。

コズカは視線追跡装置を使用して、スマートフォンを持って歩くことがユーザーの目の動きにどのように影響するかを確認します。
彼の研究によると、人がデバイスを見ると、視野内の焦点領域が95%縮小します。

I-trackingテクノロジーは、人がスマートフォンを持って歩くと、焦点領域が大幅に縮小することを示唆しています。

蚊は、あなたの視野に物体があったとしても、あなたの目がそれに焦点を合わせるまで、あなたの脳はそれを知覚しないだろうと言います。 これは、人々が周囲を見ているという誤解につながる可能性があると彼は言います。

脳は他の情報を遮断します

視覚だけでは影響を受けません。 女性は危険にさらされていたため、音声メモをとることができなかったと考えられています。

ヴァセダ大学の江田川義国教授は脳機能を専門としています。 彼は、スマートフォンは私たちの注意を引くように設計されており、女性が画面に没頭して脳が他の情報を遮断する可能性があると述べています。

江田川氏は、人間の脳は一度に複数の情報を処理するように構成されていないと言います。 むしろ、1つだけに焦点を当てています。

私たちの目や耳は他の信号を受け取ることができますが、私たちの脳はそれらが何を意味するのか理解できません。

墜落事故の調査により、女性は毎日同じ場所の線路を歩いていたことが明らかになりました。 枝川氏は、環境に精通していることが、彼に誤った安心感を与えたのかもしれないと言います。

被害者は電車が近づいていることを警告する警報に反応しなかった。

スマートフォンのクラッシュが増加しています

東京消防庁によると、2016年から2020年の間に首都で救急車が196回呼び出された。 犠牲者はすべての年齢でした。

これらの事件が発生した場合、スマートフォンの使用禁止を求める声が高まっています。

神奈川県大和市は2020年にそのような禁止を導入しました。 ペナルティのない法律ですが、やや成功しているようです。

金川県大和市の関係者は、スマートフォンでの発生を防ぐ兆候が働いていると述べています。

市当局の調査によると、2020年1月には、約12%の人が駅を歩き回っているときに携帯電話を使用していました。 法律が施行されて以来、その割合は7%に低下しています。

東京都の足立区、荒川区、大阪市の池田市も同様の命令を出している。 誰にも罰はありません。

2017年、ハワイのホノルル市は、通りを横断する際のスマートフォンの視聴を禁止しました。 逮捕された者に対する罰金は15ドルから99ドルの範囲です。

韓国の当局は非常に革新的なアプローチを採用しており、横断歩道の歩道にLEDライトを設置し、信号機に合わせて色を変更しています。

警察庁は2018年に試験的に設置し、それ以来、主に混雑した交差点や学校の車線に1,000台以上を設置しています。

ソウルの歩道のライトは、歩行者が見下ろしていても赤いライトを警告しようとします。

中国の重慶市は、歩行中にスマートフォンを使用したい歩行者専用の車線を作成しました。

中国の重慶市は、スマートフォンユーザーのための独自の道を切り開いてきました。

「少なくとも日本では、危険を明確にし、人々の義務感をアピールするだけで十分かもしれません」と小塚氏は言います。 彼は例として禁煙キャンペーンを挙げています。

数十年前、公共の場所を歩いている人々が喫煙しているのを見るのは一般的でした。 受動喫煙がいかに危険であるかが明らかになるやいなや、それは変化し始めました。

「同じ種類の世論の圧力がスマートフォン中毒にも効くでしょう」と小塚は言います。

日本が少数ではあるが増加する障壁を導入することによって問題の認識を高めるためにキャンペーンを行うとき、そのような圧力はすぐにかなりの大衆に達し、現実的で永続的な変化を引き起こすでしょう。

参照:歩行中にスマートフォンを使用するリスク(08:46)

ニュースルーム東京のプレゼンターである琢磨義岡は、人間の脳が一度に複数の情報を処理するのがいかに悪いかを発見しました。 (2021年10月26日リリース)

READ  松山がマスターズで優勝し、日本初の男子メジャーチャンピオンになりました