Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「テーブルの周り」:完全に満足していない目のごちそう

今後の映画は、ターゲットオーディエンスが思春期の苦痛を直接知っているため、常に人気があります。 あなたはクロジーヒーローよりも優れていると感じるかもしれませんが、あなたは関係することができます。 映画自体を通り抜けるのが苦痛なら、逃げているように感じるかもしれません。

「成長物語」の松本宗志の映画は、苦痛ではありませんが、奇妙なことに無重力であり、主人公のふわふわの苦痛と、キャラクターが喜んで食べる愛らしい漫画の食事に等しく注意を払っています。

この映画は、ヒロインが夏休みを過ごす家と有名な母親が経営するレストランをふんだんに飾る北欧スタイルのライフスタイルグッズを販売する日本の人気ウェブサイト、北王倉石の道店が主催しました。 同様に、彼女が大学進学準備をしている美術学校は、東京のシックでレトロな隅々についての光沢のある雑誌記事で取り上げられる可能性があり、大人の世界への彼女の緊張した没頭は、トレンディなデザイン会社によって開催されたパーティーです。 ですから、この映画は、地球上の天国のアイデアが北欧のライフスタイルガジェット(翻訳:北欧のライフスタイルガジェット)などと連携することである人々にとって、一種の願いを叶えるものです。

テーブルの周り ((あおばけのてぶる)。
評価
ショーの長さ 104分
言語 日本語
開く 6月18日

映画は、母親の旧友である春子(西田尚美)の家に突然現れた陽気なティーンエイジャーの陽子(栗林藍希)を中心にしています。 そこで彼女は、2歳年下で友達ではないハルコの親切で恥ずかしがり屋の息子であるブリッコ(太田ゆりかわ)と、若いカップルであるミコ(久保陽香)とスラオ(少女オシナリ)に会います。多かれ少なかれ永住者。 春子の呼びかけ。

このファンキーなゲームへのねじれたコメディへの期待は、優子が美術学校に入学し、中学校のスター学生である茜(上原美久)と湯台(細田佳央太)に会うとすぐに打ち砕かれます。 優子はクラスのタレントプールの一番下にいるが、率直な赤毛の茜と元気で目を丸くした優大は彼女と仲良くなり、みんな順調に進んでいるようだ。

しかし、陽子は、娘の存在のあらゆる側面を管理してきた有名なライフスタイルの専門家でありシェフである母親の友代(市川美也子)の影に住んでいます。 母親の包括的な影響から逃れることを目指して、ヨーコはコースにサインアップしますが、アートが彼女の目標であるかどうかすぐに疑問に思います。 実際、面白いことを意図したシーケンスで、彼女はスケートボードからYouTuberになるまでのすべてで試みて失敗したことがわかります。 彼女は自分のアイデンティティを持たず、有名で散在している母親について言及し続けていますが、それはすぐに不安になります。

しかし、不確かなヒロインや実際にはキャラクターを憎むのは難しいです、そして彼らはすべて心から親切​​で、過ちを犯します。 トモヨでさえ、やる気があれば、娘のために最善を尽くしたいという善意のある人ほど、母親にとって恐怖ではないことがわかります。 20年ぶりに元カレが思いがけない訪問をした春子も許し、嫉妬と恨みの溜まった気持ちを一気に解き放つ。

多様なベテランの西田と市川は、この心のこもった映画に劇的な緊張の瞬間を与えるだけでなく、彼らの周りの十代の若者たちの不安からの喜劇の救済を歓迎します。 しかし、2人の女性がヴィンテージの記念品を通して彼らの共有された過去に懐かしく飛び込むので、これらの瞬間はすべて短すぎます。

北王のウェブサイトでコピーを入手できますか? 映画には他にもたくさんのものがあるので、どうしてですか?

COVID-19ガイドラインに沿って、政府は居住者と訪問者がバー、レストラン、音楽会場、その他の公共の場所を訪れることを選択した場合は注意を払うよう強く求めています。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  フロイドメイウェザーがUFCのダナホワイト社長とRIZINの社長と会談し、次のカムバックと戦う計画を立てている