Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「デジタル・デトックス」は、日本でのスクリーンタイムの増加の中で注目を集めています

スマートフォンなどのデジタル機器が生活の基本になりつつある今、人々は「デジタルデトックス」と呼ばれる手法に気づき始めています。 接触の時間、そしてバラの香り。

東京に住む46歳のサラリーマン、佐藤幸子さんは、高校生の息子が心配で、コロナウイルス感染で距離のクラスが増えると、デバイスにこだわっていると語った。 しかし、彼が画面にどれだけの時間を費やしているかを見たとき、彼女は自分のスマートフォンにどれだけ依存しているかにも気づき始めました。

その時、彼はデジタルデトックスをすることに決めたと言いました。 ジョギングを楽しむ佐藤は、走りながらスマホをロッカーに入れてディドックスを始めた。

写真は、2022年1月に香川県で開催されたデジタルデトックスセミナーです。 (写真提供:デジタルデトックスジャパン)(京都)

最初、彼女は恥ずかしい思いをしました。 1時間以内に、「電話がないときに誰かが私に連絡しようとした場合はどうなりますか?」 彼女はそれを考えずにはいられなかった。 それから彼女は非常に劇的に言いました、「私が捻挫した足首を持っているならば、どうすれば誰かに通知することができますか?」 しかし、何度も何度も焦点は目前のタスク、つまりランニングに移りました。 「私は自由に感じた」と彼女は言った。

彼は徐々に、スマートフォンを夜に寝かせたり、食事の時間になると食卓に置いたりしないなどのデバイスを持たないというルールを生活に取り入れてきました。 「私はこれを少しします」と彼女は言いました。

佐藤さんはスマホにハマってしまう人も多いです。 東京に本拠を置く調査会社CrossMarketing Inc.が日本で1,000人の男性と女性を対象に行った調査によると、50%近くがスマートフォンへの依存を認識していると述べています。

専門家は、デジタルデバイスの使用を減らすことは人々がより健康的な生活を送るのを助けることができると言います。 彼らが主張するのは、デバイスによって制御されるのではなく、デバイスを制御することです。

東京に住む58歳の自営業の森かすやさんは、一日中パソコンの前で仕事をし、休憩中にスマートフォンのことを話し、自分のライフスタイルに疑問を抱き始めました。 「まるでスイッチが常にオンになっているようでした。」

しかし、彼は電話を受け取らずに立ち去り始めたので、「私は気候変動に気づき始めています。スマートフォンはそれ自体が目的ではなく、手段であることを理解する必要があります」と語った。

デジタルデトックスの利点にもかかわらず、電話に応答せず、電子メールにすぐに応答することの欠点を心配する人もいます。

山口県西部の井戸山悠堂さん(27)は、プロフィール写真の上部に「午後9時過ぎにスマホの電源を切る」という大きな赤い文字のメッセージを投稿した。

提供された写真は、メッセージングアプリラインのイドヤマユウドのプロフィール写真を示しています。 「午後9時過ぎにスマホの電源を切る」という大げさなメッセージ(京都)

約4年前にデジタルデトックスを立ち上げたイドヤマ氏は、彼の「目的」は、このように通信し、予約なしで電話を切ることができるようにすることだと言います。

彼はよく友達のInstagramアカウントにアクセスします。 「友達に直接聞いてみると、とてもエキサイティングな会話ができます。」

東京を拠点とするデジタルデトックスジャパンのディレクターである森下正大さん(29歳)は、デジタルデバイスの否定についてコメントすることなく、期間限定でデジタルデトックスに参加し、他の参加者と経験を共有できる組織です。 。

「私たちは、人々がデバイスとの距離を再考するための触媒となることを望んでいます」と彼は言いました。 十分な休息をとるために時間を取っておくことは重要です。


関連する報道:

日本企業がデジタル化を加速し始める

日銀中央銀行がデジタル通貨のテストの第一段階を開始

内閣はまた、日本の後期デジタル改革を促進する法案を修正した


READ  日経新聞は、ウェスタンデジタルと日本のキョーシアが合併交渉を中止したと報じた