Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「プラネタリーヘルスの実践」(第64回日本熱帯医学会、第38回日本国際保健学会、第27回日本旅行医学会、第8回国際臨床医学会、東京都文京区) 、2023 年 11 月 26 日) – Institute Health and Global Policy (HGPI) 国際医療政策研究センター。

「プラネタリーヘルスの実践」(第64回日本熱帯医学会、第38回日本国際保健学会、第27回日本旅行医学会、第8回国際臨床医学会、東京都文京区) 、2023 年 11 月 26 日) – Institute Health and Global Policy (HGPI) 国際医療政策研究センター。

長崎大学と国際協力機構(JICA)が主催する国際協力会議のワークショップ10「惑星の健康を活用する実際的な方法」において、医療地球政策研究所(HGPI)副所長の菅原丈二氏が講演しました。 2023年11月24日から26日まで開催される「Health 2023」。第64回日本熱帯医学会、第38回日本国際保健学会、第27回日本渡航医学会、第8回国際臨床医学会が一堂に会する本イベントは、 「グローバルヘルスの海で – 包括的な多様性の豊かさについての研究」というテーマに焦点を当てました。

このワークショップは、2024年に長崎で開催予定の第8回ヘルスシステム研究世界シンポジウム(HSR2024)の準備の一環として行われた。このワークショップは、惑星の健康、学際的な分野、そしてその影響を分析し対処する社会運動についての理解を深めることを目的としている。人間の活動のこと。 地球の自然システムとそれが人間の健康と生命に与える影響。 このワークショップでは、20世紀以降の人口動態と経済活動が生態系と人間の健康に及ぼす影響を調査し、地球の健康をどのように理解して世界の健康に活用できるかについての視点を共有しました。

菅原氏は「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジと地球の健康」というテーマで講演し、国際目標がミレニアム開発目標(MDGs)から持続可能な開発目標(SDGs)に移行する中、保健システム強化の重要性が高まっていることを強調した。 同氏は、この文脈におけるユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)の基礎に焦点を当て、目標間のトレードオフと共同便益の概要を説明した。 また、気候変動、生物多様性の損失、環境汚染など、悪化する地球規模の課題に対応して進化する必要性も強調しました。 同氏は、気候と健康に関する変革的行動同盟(ATACH)やグローバル・グリーン・アンド・ヘルシー・ホスピタル(GGHH)などの取り組みを紹介して締めくくった。

地球の健康を活用する実践的な方法

シーティングチェア:

吉岡康太 (長崎大学 大学間地球健康学連携研究)
小沢まき (国際協力機構(JICA))

アンプ:

地球の健康の観点は世界の健康にとって不可欠ですか?

渡辺千穂 (長崎大学 大学間地球健康学連携研究)

ユニバーサル・ヘルス・カバレッジと地球の健康

菅原譲二 (医療地球政策研究所(HGPI))

人と地球をつなぐ健康的な食生活

野村麻里花 (独立行政法人国際協力機構/長崎大学大学院国際健康研究科/国立健康・栄養研究所)

炭素価格と地球の健全性

スンヒソク (長崎大学)

READ  地球の一日が不思議なことに長くなっている - 科学者はその理由を知らない