Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「ミゾドロップス」は日本の小さなミゾ蒸留所を救うことができますか?

日本の発酵食品の伝統に欠かせない小規模なミゾ蒸留所が徐々に姿を消しつつある中、起業家は古い味噌のボールである「ミゾドロップ」でそのような施設の保存に取り組んでいます。 忙しいが健康志向の消費者が個々のスープを簡単に提供できるようにするファッショナブルな方法。

これらの製品は、2016年に手術につながった病気から回復したときに伝統的な技術を使用して作られた味噌の食事の利点を成功させた高橋元美の発案によるものです。

手作りの味噌ドロップは、さまざまなサイズできちんと提供されており、野菜由来のスープストックで味付けされています。 ユーザーはお湯を追加し、かき混ぜて30秒待ってスープを作ることができます。

日本で簡単に作れる味噌汁はたくさんありますが、味噌は工場で広く使われています。 高橋氏によると、その味は、世代から家族経営の会社に受け継がれることが多い小さな蒸留所の伝統的な木製の樽のような、熟成した味噌の豊かさを欠いています。

「病気から回復したとき、徳島県の蒸留所から味噌のプレゼントをもらい、毎日その汁を飲んでいました」と彼は言う。 「インスタント製品との味の違いを知ってショックを受け、すぐに回復しました。」

高橋さんは、消化器系や免疫系が弱い病気になる数ヶ月前に広報担当者として一生懸命働いていたため、深刻なストレスにさらされていたと言います。

発酵食品は、腸内細菌叢を促進することによって健康に有益であると考えられている酵母または細菌が一般的に関与するプロセスである微生物の作用によって生産または保存されます。 味噌生産では、 こうじ 醤油、袋、派手なメーカーが使用するカビは、大豆の発酵に使用されます。

病気からの回復におけるミゾの役割を認識した後、高橋は栄養学校で麹を学び、日本の食と発酵文化を促進するための事業を始めるという考えを攻撃しました。

日本の伝統的なミゾ蒸留所で作られた味噌を使った個人的なスープ用の「味噌ドロップ」ボールのメーカーである高橋元美は、東京で製品の箱を展示しています。 | 京都

彼はまた、伝統的な生産方法を維持している小規模のミゾ蒸留所が絶滅の危機に瀕していることを学びました。 ミゾ族の47州の中で最大の長野州の数は、1963年から2010年の間に41.6%減少して143になりました。

金融危機と相続人の特定が困難なため、多くの人が閉鎖されました。

高橋氏は、2018年と2019年に台湾と香港で開催されたワークショップで、味噌ドロップを海外に持ち出すことを目的として、健康食品に関心のある地元の起業家を対象にプロトタイプを紹介しました。

「元の商品には魚のだしが使われていて、菜食主義者なので食べられないと言う人もいました」と高橋さん。 「それで私は植物ベースのスープストックに切り替えました。」

日本では、味噌汁のストックとして、干しニシン、ポニートフレーク、昆布などの具材がよく使われています。

Kovit-19の流行により、高橋は海外の顧客から直接フィードバックを受け取ることができませんでしたが、クラウドファンディングを通じて資金を調達した後、製品のコンセプトを完成させ、2020年後半に事業を開始しました。

彼が作っている製品の中にはmisodrop47があり、その下で高橋は日本の47の省の伝統的な蒸留所からの顧客にミゾを届けることを目指しています。

「全国のお客様がミゾを簡単に試食できるmisodrop47プロジェクトの製品を作りたかったのです」と、500グラム以上の製品を出荷する伝統的な蒸留所のミゾを使うのは難しいと彼は言います。 大家族向け。

「各ミゾドロップの重さは約25グラムで、顧客はさまざまな地元のミゾ製品の独自性を楽しむことができます」と彼は付け加えます。

Mizotrop 47プロジェクトの最初の製品は、8つの州のMizohで構成されていました。 高橋は、鹿児島県産の味噌や地元産の桜島大根の乾燥粉末など、地域の食文化の側面を商品に取り入れようとしています。

日本の食卓の定番である伝統的なミゾ族のスープに加えて、起業家は彼の製品でミゾ族を楽しむ革新的な方法を提案しました。 たとえば、トマトジュース、大豆ミルク、オート麦、クラッカー、バター、乾燥バナナチップ、フライドポテト、ポテトサラダ、シリアル、ナッツ、ゆで卵、ベーコン、チーズ、オリーブオイルなどの材料を使用した調理のヒントをお勧めします。

「味噌ドロップで作ったスープは非常に満足のいくもので、クラッカー、プレッツェル、ドライコーンを加えて夕食や朝食として提供できます」と彼は言い、味噌ドロップ製品は非常に忙しい健康志向の消費者を対象としています。 。 毎日味噌汁を自炊してプレゼントとして販売しています。

日本のミゾ族製造業者協同組合連合会によると、日本のミゾ族の生産と消費はここ数年減少しており、2007年までの40年間で一人当たりの供給量は年間約半分から3.8キログラム減少しています。

この減少は、日本では家族が小さくなり、メンバーが別々に食事をするという、食生活の西洋化を反映していると述べた。

対照的に、ミゾ族の輸出は増加しており、1977年から2020年の間に量と価値が約15倍に増加し、約16,000トンと38億円(3,400万ドル)相当の日本食が海外に輸出されています。 調味料としてのミゾ族、連盟は言った。

ミゾ族の主な輸入国は、米国、韓国、中国、タイ、台湾です。

高橋氏は、ドイツや南アフリカなどからミゾドロップス製品を発売するインスタグラムに好意的なフィードバックを受け取り、世界的な健康危機が緩和されたら海外に販売する予定だと語った。

高橋氏は、日本のミゾ族の輸出が着実に伸びていることに勇気づけられ、「私の最善のアイデアは、日本市場を超越し、世界をそのプラットフォームにすることです」と述べています。

味噌ドロップの詳細については、を参照してください。 en.j-koji.com

政府は、COVID-19ガイドラインに従って、バー、レストラン、コンサート、その他の公共の場所を訪れる際には、居住者と訪問者に注意を払うよう強く求めています。

誤った情報と過剰な情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックしてズーム)

READ  日本では、適時ワクチン接種が不確実な囚人