Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「リアリティチェック」:世界の二酸化炭素排出量が記録的なレベルに戻る| 温室効果ガスの排出

新しい分析によると、世界の炭素排出量は、コロナウイルスのパンデミックのレベルの前に見られた記録的なレベルに戻っています。 科学者たちは、世界の国々の結果「リアリティチェック」が集まったと述べました 警官26 気候サミット。

気候危機を引き起こしている排出量は、世界的なコロナウイルスのシャットダウンがそれらを5.4%ノックダウンする前に、2019年に史上最高に達しました。 しかし、国際的な研究チームは、地球温暖化に取り組むために必要な急速な削減とはまったく対照的に、化石燃料の燃焼は2021年に予想よりも速く上昇したと述べました。

データによると、世界のリーダーは環境にやさしいものを取り戻すことができず、 エピデミック支出のわずかな割合 持続可能なセクターに行きます。 しかし、科学者たちは、地球温暖化を摂氏1.5度に維持するという希望は、 警官26 迅速なグローバルアクションにつながります。

NS グローバルカーボンプロジェクト(GCP)レポート 石炭とガスからの排出量は、2020年に減少したよりも今年は増加しています。石油使用量も2021年に増加していますが、輸送活動が通常よりもまだ低いため、ゆっくりと増加しています。

世界の化石燃料排出量は記録的なレベルに回復

ほとんどの国とは異なり、世界最大の汚染国である中国の排出量は、2020年の流行中にわずかに増加し、2021年にはさらに4%増加すると予想されています。 インド 一人当たりの排出量は非常に少ないですが、2021年には12.6%のCO2の増加が見られ、2020年の減少のほぼ2倍になります。

米国とEU27も2021年に7.6%の急激な増加を見ますが、それらは依然として排出量の減少が遅いという長期的な傾向にあります。 再生可能エネルギーは、パンデミックの間に成長し続けた唯一のエネルギー源でした。

科学者たちは、2021年に見られた石炭燃焼の増加の逆転によって、石油消費の予測される増加が、旅行がより回復することで相殺されるかどうかに応じて、2022年が新しい世界の排出量記録を樹立できると述べた。

世界の「炭素収支」は、地球の気温上昇を1.5°C未満に保つ可能性を50%維持できる排出量の合計ですが、分析によると、現在の排出量が続けば、これは11年で減少します。

「驚くべきことは、 [the rebound in emissions] 「世界経済の大部分がまだ回復していないという事実にもかかわらず、それは非常に迅速に起こりました」と、英国のイーストアングリア大学のCorinne LeKerry教授と分析チームのメンバーの1人は言いました。 「これは本当に現実のチェックです。」

「しかし、グラスゴーのCop26で行われる気候政策決定の影響はまだ見られず、ゲームのルールを実際に変える可能性がある」と彼女は述べた。 1.5°Cはまだ生きています。 必要な排出量の削減は実際には非常に重要ですが、協調行動によって可能になります。」

「私たちの多くは [expecting] 回復は数年にわたって広がり、2021年に大ヒットしました。」彼は、Covidの回復資金は「汚い」ものであり、低炭素投資が十分ではなかったと述べました。 。」

英国エクセター大学のPierreFriedlingstein教授は、次のように述べています。 Cop26。」

196カ国 Cop26。トップが出荷されます 排出量を削減するという国の公約により、1.5°Cに必要な排出量に向けて推進され、 ネットゼロへのインドの新たな取り組み 重要な進歩。 しかし、先進国が貧しい国に約束した1,000億ドルはまだ実現されていません。 のための国際的な自主的なチャーター 森林破壊を終わらせるメタン排出量を削減 そして、作ります グリーンテクノロジーは最も安価なオプションです 発表されました。 しかし、地球温暖化は、排出量が正味ゼロに達したときにのみ停止します。

GCPレポートは、世界中の70の組織から100人近くの科学者によって作成され、これまでの数値に基づいて、化石燃料からの二酸化炭素排出量は、2021年には4.1%から5.7%増加すると計算されています。 5.4%。 この減少は、2008年の世界金融危機(1.2%)とソビエト連邦の崩壊(3.1%)の後に見られたものよりも大きいです。

2050年までに正味ゼロに達するには、排出量をさらに削減する必要があります。しかし、ルー・ケリー氏は、「石炭から離れ、電力を輸送し、森林再生するという、何をすべきかを知っています」と述べました。 彼女は、排出量の4分の1は、英国、ドイツ、米国、日本、メキシコなど、経済を発展させながら着実に排出量を削減している国々からのものであると述べました。

「主なメッセージは、私たちの最新の調査結果に落胆したいという誘惑に抵抗することです」と彼女は言いました。 「Cop26で実施されているコミットメントは非常に重要です。各国が何をするかについて合意し、もちろん、即時の実施を計画することが重要です。」

2021年の排出量の急増は、鉄鋼、セメント、建設などの既存の汚染産業に主に資金を提供するCovid回収パッケージに起因しました。 中国ピーターズ氏は、「中国は、太陽光、風力、電気自動車の導入で非常に順調に進んでいます。一方、景気回復パッケージは、以前のやり方に戻る傾向があります。しかし、別の70%は世界の排出量も中国からのものではありません。」

彼は、2022年に新たな世界的な排出量の記録が見られるかどうかは、パンデミックからの回復中に見られた石炭燃焼爆発が一時的な「砂糖の脳卒中」であったか継続したかによって決まると述べた。

READ  間違っていることが判明した後、10人の母親の子供たちの話を「申し訳ありません」と発表した記者-世界のニュース