Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「リモートミール」のために日本人教授が作成した簡単な舐めのテレビ画面

東京: 日本の教授は、食べ物の味を模倣できるなめらかなテレビ画面のプロトタイプを開発しました。これは、多感覚の視聴体験を生み出すためのもう1つのステップです。

Taste the TVと呼ばれるこのデバイスは、特定の食品の味を作り出すために一緒にスプレーされる10個のフレーバー缶の渦巻きを使用します。 次に、フレーバーサンプルは、視聴者がサンプリングできるように、フラットスクリーンテレビの健康的なフィルムにラップされます。

明治大学の宮下穂美教授は、COVID-19の時代に、この種の技術は人々の外界とのコミュニケーションや相互作用の方法を強化することができると述べました。

10種類のフレーバー缶が、画像の上の画面でさまざまな味を撮影します。 クレジット:ロイター/キム・ギョンフン

「目標は、人々が家にいる間でさえ、世界の反対側にあるレストランで食事をするような何かを体験できるようにすることです」と彼は言いました。

宮下さんは、料理の味を豊かにするフォークなど、さまざまなフレーバー関連のデバイスを製造してきた約30人の学生のチームと協力しています。 彼は、過去1年間に自分でテレビのプロトタイプを作成し、商用バージョンの価格は約100,000円(1,210ドル)になると述べました。

彼は、潜在的なアプリケーションには、バーテンダーやシェフのための遠隔教育、ゲームやテストの試飲が含まれると述べました。

読み込み中

宮下氏はまた、ピザやチョコレートの味をトーストのスライスに適用できるデバイスなどのアプリケーションで彼のスプレー技術を使用することについて、企業と話し合っています。

彼はまた、今の音楽のように、世界中のテイストをダウンロードしてユーザーが楽しめるプラットフォームを作りたいと考えています。

READ  アダムペティがショックダンスで踊っている間、裁判官は厳密にラムゼイを救います