Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「世界はインドのリーダーシップを必要としている」:テックジャパン創設者西山直孝氏、ベンガルール移住後のインドを称賛

「世界はインドのリーダーシップを必要としている」:テックジャパン創設者西山直孝氏、ベンガルール移住後のインドを称賛

Tech Japanの創設者である西山直孝氏はLinkedInの投稿でインドへの移住を発表し、インドへの移住は自身の人生において「間違いなく大きな新たな章」であると述べた。

彼は投稿の中で、「ついにその時が来た。私はインドに移住し、明日からベンガルールに住み始めることになる。私はほぼ10年間インドを訪れているが、インドに『実際に住む』のはこれが初めてだ」と書いた。これは間違いなく私の人生における大きな新しい章です。」

西山氏がカルナータカ州の州都バンガロールに住んでから 1 か月が経ち、最近再び LinkedIn を利用してこの国での経験について話しました。

「インドに来て1か月が経ち、改めてインドの価値観の多様性に驚かされています。 「インドは宗教、人種、民族が異なる大きな国であるにもかかわらず、一つの国であることは奇跡です。」 貴重な。 インドは現在選挙シーズンを迎えているため、リーダーシップについて考える良い機会です。

インドで働くことが日本で働くよりもいかに優れているかについて、彼は次のようにも書いています。それは異質な価値観を含めることができます。それが今日世界が必要としているインド流のリーダーシップです。

西山氏はまた、サンダー・ピチャイ氏とサティア・ナデラ氏がそれぞれの分野で驚異を生み出し始めたインドのビジネスの中心地を称賛した。

「彼らはインドで生まれ、インドで教育を受け、その後米国に渡り大学院を修了しました。言い換えれば、インドが競争と協力を体現しているからこそ、インドは世界的な組織を率いることができるのです。」

任期終了の際、彼はこのインドの指導者から学び、それを組織の経営に最大限に活かしたいという願望を語った。

READ  中小供給ネットワーク市場予測2022-2030| 主要プレーヤー-Innolux、AU Optronics、ジャパンディスプレイ、BOEテクノロジーグループ