Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「中年の楽園」として知られるタイの居酒屋を訪ね、日本では違法な食べ物を試します。

幸いなことに、私たちの記者は物語を語るために生きました。

日本語の記者について何か言わなければならないのなら 亀沢郁奈それでおしまい 彼女は旅行が好きです。 郁奈についてもう一つ言いたいことがあれば、それだけです 彼女は他の国で日本食レストランを見つけるのが大好きです。 フランスのラーメンでもインドの寿司でも、郁名はいつも他の国の日本料理を喜んで試食しています。

彼女の最近の旅行は彼女を通りに連れて行った バンコク、タイ、この映画に日本語で書かれた看板の数を考えると、イクナがまだ日本のどこかにいると考えることは許されるでしょう。 実際、イクナがバンコクで特に魅力的だと感じる日本のランドマークはたくさんあり、沖縄のように家の近くを旅行しているように感じることもあります。

しかし、タイの街並みに並ぶすべての日本食レストランの中で、イクナは「日本人以外」の他のすべてを排除する場所を見つけました。 大阪の真ん中から誰かが直接テレポートしたような気がした。

郁名は日本の伝統的な居酒屋である居酒屋を発明しました。 いわゆる 串カツ恵美須商店 そして、その場所を宣言する大きなネオンサインがあります。庶民の天国“。より具体的には、「男」に使用される単語は「オゾン‘、しかし’中年で少し冷静でない普通の人のための楽園’は英語で完全に刺すわけではありません。

この居酒屋は、串カツ、美味しい揚げ棒など、何でも美味しいものを専門としています。 そして、郁名は明らかに オゾン、 彼女は串カツの場所にノーと言うことができず、それをチェックすることにしました。

この場所は楽園であることが判明しました オゾン および非オゾン 同様に、 レストランは完全に満員でした 運が良かったので、郁奈はすぐに着席することができましたが、これは居酒屋での彼の最初の経験の1つでした。 居酒屋は通常、数杯の飲み物を飲みながらリラックスしたり、友人と消費を共有したりする場所です。生菜は、人々が自分で居酒屋を見つけるのではないかと少し心配していました。 しかし、周りを見回すと、その夜一人で食事をしているのは自分だけではないことがわかりました。 実はそこには、郁奈が日本人だと思っていたお年寄りがたくさんいました。 オゾン タイに住んでいます。

郁奈は注文の準備ができていて、完全に日本語で書かれたフォームを手渡されました。 メニューには、エビフライ、魚、椎茸、レンコン、カボチャ、そして奇妙なことに、人気の日本のデザート雪見だいふくが含まれています。

刺身、漬物、寿司、カレー、温かい料理、そばなどのアラカルトメニューもありました。

…ご飯や天ぷらも注文できました。

まず始めに、郁名が注文した さばのグリル、148バーツ(US $ 4.20)かかります。 タイの食べ物はとても安いというイメージがありますが、これは日本のサバの焼き物に支払うと予想される価格とほぼ同じです。 生花の母国の値段とは違い、味も美味しかったです。日本のレストランで期待していた通りでした!

もちろん、生意気なビールがなければ居酒屋への旅は完結しません。幸いなことに、タイの居酒屋にはアサヒスーパードライがあります。 グラスの価格は135バーツ(3.84米ドル)です。これも、日本で支払うと予想される金額です。

次だった 串カツ。 彼らは完全に揚げられて、絶対に神のように見えました。

しかし、彼らはきれいではありませんでした。 彼らも素晴らしかった。 実は、郁名は美味しかったと思っていました 日本で提供されているほとんどの串カツレストランよりも優れています。

串カツだけがいいわけではありません。 大阪が人気 幽霊になる (豚肉のお好み焼き)日本と同じ味。 醤油は世界中どこでも手に入りますが、お好み焼きソースは日本国外では手に入れるのが簡単ではありません。

でも実は、イクナが具体的にやってみたメニューがあります。 メニューの「禁じられた」食べ物。 この食品は厳しく禁止されています。 コリの潜在的な危険性のために安全でないと見なされた後、2012年に日本のレストランでの提供が実際に禁止されました。 しかし、タイでは居酒屋郁名をはじめ、今でも多くのレストランが出店しています。

問題の食べ物…

レバー刺身 – 98バーツ(2.78米ドル)

レバー刺身特に牛の肝臓は、日本のレストランでは合法的に販売することはできませんが、当時のサラリーマンの間で人気のある料理でした。 牛レバーのおいしい未調理の味を見逃した場合は、このパブがあなたのための場所かもしれません-潜在的な健康上のリスクに注意してください。

▼ご飯入りグリーンエッグ-68バーツ(US $ 1.93)

生レバー刺身のほか、生卵ご飯もご用意しております。 このような食事は日本では一般的ですが、他の国では生卵を食べることはまったく考えられません。 タイのような熱帯の国で生卵が食べられることに驚いた郁奈は、居酒屋に行くとほとんどの人がやっていることをやることになりました。

全体として、串カツかんぞうは恵美須商店のようでした バンコクの中心部にある日本の小さなスライス。 周りを見回すと、その日の居酒屋の客の7割は日本から来ており、部屋全体が楽しく日本語でおしゃべりをしていた。 外の看板が言っているように、アイクナは日本の顧客の半分がタイに住んでいて、この居酒屋はタイに住んでいる人々のためのものであるべきだと疑っています。 彼らにとっての楽園。

バンコクにいて日本食が好きな人は、串カツ恵美須商店をチェックしてください。 パブがいっぱいの場合 オゾン 近くにあるこの哲学的な日本食レストランには、テーブルが1つか2つ空いているかもしれませんが、席はありません。

レストラン情報
串カツ恵美須商店
住所:12、14-16 Soi Sukhumvit 26、Klongtan、Klongtoey、Bangkok 10110、Thailand
営業時間午前11時30分-深夜

写真©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? フェースブックでフォローしてツイッター

READ  ポケモンTCG日本の失われた深淵のプレビュー:Comfey