Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「匂いはひどい」:ボゴタ郊外の通りに有毒な泡の雲が浮かんでいる| コロンビア

有毒で悪臭を放つ泡の巨大な毛布が、コロンビアの首都ボゴタ近くの汚染された川に氾濫し、家や企業を覆い、住民を雲のような榴散弾で逃げさせ、通りを漂流させました。

「臭いがする- [and] 「私たちは長い間この泡に我慢しなければなりませんでした」とコミュニティリーダーのルスマリエラゴメスは地元のテレビチャンネルに語った。 「私たちは危険を冒しています。誰かがそこに落ちる可能性があり、私たちはそれらを見つけることができません。」

モスケラの住宅郊外からの写真は、歩道を埋め、住民の上にそびえ立つ苛性泡の大規模な漂流を示しました。 学校への1本の道が遮断されました。

地元の環境当局は、人々が廃棄物、化学薬品、洗剤を河川システムに投棄したために、過去数年間に市内で数回見られた汚染泡が増加していると述べた。 大雨が問題を悪化させた。

近年、泡が数回見られます。 写真:Luisa Gonzalez / Reuters

モスケラ市長室 写真をツイートする 市当局と一緒に、有毒な泡の。 市長のGianJerometaは、汚染の蓄積は、川の植物によって引き起こされた閉塞が部分的に原因であると主張しました。 「私たちはこの現象によって生じる可能性のあるリスクを認識しています」と彼は言いました チャープ

当局はまた、呼吸器系の問題や皮膚の炎症を引き起こすと考えられている泡に近づかないように地元住民に警告しました。

政府の環境当局者であるエドウィン・ガルシア氏は地元のラジオ局カラコルに、「これらの材料が正確にわからないため、子供たちを遠ざけることが重要です」と語り、この地域の処理施設は2020年から消毒されていると付け加えました。 。「私たちは、川のさらなる継続を防ぐために、川全体を監視および清掃します。泡の蓄積。」

READ  ドイツの洪水マップ:影響を受ける地域とその理由