Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「大牟田」:日本の「アンダーテイカー」は40年後にレスリングから引退しました

武藤敬司(大牟田)として知られるレスリングの伝説は、40年後にブーツを切ることにしました。

モトはアンダーテイカーに対する彼の故郷の答えです。

彼は、2001年にワールドレスリングエンターテインメントに買収されるまで、ワールドレスリングフェデレーションに匹敵する、現在は廃止されたワールドチャンピオンシップレスリングを含む、世界中のレスリングのためのいくつかのプロモーションを行いました。

武藤は、WCWの1992年の「スターケードバトルボウル」の勝者であり、バトルロイヤルの試合に勝つために競争するためにペアになったレスラーのランダムなタンデムを見ました。

59歳のアイコンは、ブーツを切る前にあと5試合しかなく、1984年に始まったキャリアを終えます。

武藤は、WWEのジェフ・ハーディやフィン・バラーなど、今日の日本だけでなく世界中の多くのレスラーに、顔と体のグラフィックで深く影響を与えてきました。 彼は、口から敵の顔に霧を吹きかけることで有名でした。これは、後に同胞の田尻義博が採用したスタントである、リングネームのグレートカブキでよく知られている別の日本の伝説であるメラ秋久から採用した動きです。

90年代初頭のリック・フレアー、レックス・ルガー、スティングとの彼の最も注目すべき戦いは、WCWファンによって古典と見なされています。 1993年のハルクホーガンとの彼の試合は、特に日本では、WWFチャンピオンと国際レスリンググランプリチャンピオンを戦った偉大な人物の1人と見なされていました。

2019年11月、武藤はオールエリートレスリングの「フルギア」に、クリスジェリコとコーディローデスのAEW世界王座戦の審査員の1人として、アーンアンダーソンとディーンマレンコとともにサプライズ出演しました。

新日本プロレス、全日本プロレス、プロレスNOAHのモトレス。 彼はまた、現在日本では機能していないWrestle-1のプロモーションを所有していました。

モトは、4回のIWGPヘビー級王者、元世界ヘビー級王者、3回のAJPWヘビー級王者、元全日本プロレス同盟チャンピオン、元レスル1チャンピオンとしてリングを去りました。

READ  大正時代の映像に登場する皇后貞子、昭和天皇