Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「新しい」大人を作ることは日本の老化を遅らせることはありません

NS日本南部の住民 それは年をとり続け、2022年には最年少の成人はさらに若くなります。2018年に可決された民法改正によると、成年は4月から20歳から18歳に下がります。一晩でほぼ200万人の「新しい」大人。 これは、1876年に「成人」のしきい値が設定されて以来、初めての変更であり、2016年に投票年齢が20歳から18歳に引き下げられた後のことです。

これらの新しい大人は、クレジットカードや銀行ローンの申し込みからアパートの賃貸や携帯電話の契約への署名まで、両親の同意なしに多くの大人の活動に従事することができます。 おそらく最も重要なのは、18歳の子供が父親と父親の署名なしで結婚できることです。 (現在、女性は16歳から、男性は18歳から結婚できますが、親の同意がある場合に限ります。) しかし、多くの10代の若者ががっかりするのは、合法的にアルコールを飲んだりタバコを吸ったりすることは許可されないということです。 したがって、しきい値は20のままになります。

日本政府は、この変化が若者たちが社会でより積極的になることを奨励することを望んでいます—そしておそらく彼らの新しい法律上のパートナーと一緒に寝室でも。 (日本の子供たちのわずか2%が嫡出から生まれています)。 しかし、この新しい成人のグループは、現時点では国の人口統計にほとんど影響を与えません。

日本はすでに世界で最も古い国です。人口の29%以上が65歳以上です(2番目に古い国であるイタリアでは23%、アメリカでは17%、イギリスでは19%)。 ベビーブーム世代のおかげで、1947年から1949年の間に生まれた約800万人のグループが生まれました。生まれた人々は来年中に75歳になり始めます。

日本の人口の29%以上が65歳以上です

日本では多くの人が後世で活躍しています。 65歳から69歳までの全人口のほぼ半数と70歳から74歳までの全人口の3分の1が依然として雇用されています。 日本老年医学会は、65歳から74歳までを「高齢者」と呼ぶべきだと示唆して、再分類を求めています。 しかし、75年以降、状況は劇的に変化しました。 これらの「後期高齢者」の10%だけが仕事を持っています。 メディケアと介護の費用は急速に増加しており、すでに11%を費やしている国にとって特に心配な見通しです。 国内総生産 ヘルスケアについて。

日本政府は、コストを削減するために段階的な改革に取り組んでいます。 2022年10月から、年収200万円(18,000ドル)以上の75歳以上の人は、医療費の20%を自己負担で支払う必要があります。これは現在の2倍です。 これに続いて、新しい「古い」コミュニティの社会保障制度をリセットするためのより抜本的な変更が行われる可能性があります。 政府はまた、国の少子化率を高めようとしています。2022年4月から、出産治療は公的医療保険の対象となります。

しかし、パンデミックは子供を持つのに特にひどいものでした。 2020年の日本での出生数は841,000人で、記録が始まって以来最低であり、人口は532,000人減少し、史上最大の減少となりました。 結婚数は12%減少しました。 人口統計学者は、2022年に発表される2021年の数字は、少なくとも77万人の出生を示すと推定しています。これは、日本がさらに15年間到達するとは予想していなかったレベルです。

多くの若い日本人にとって、パンデミックは彼らがより多くの子供を持つことを思いとどまらせる疑惑を高めています。 新しいグループがすぐに発見するように、成人期は課題に満ちています。

ノア・シュナイダー:東京オフィスマネージャー、エコノミスト、東京■■

この記事は、The World Ahead2022の印刷版のアジアセクションに「Gettingon」という見出しで掲載されました。

READ  AUKUSは、日本とインドに傾倒し、フランスの戦略的レビューに拍車をかけています