Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「私は日本の田舎にある廃屋をひっくり返します – 人々は私に無料で家をくれます。」

「私は日本の田舎にある廃屋をひっくり返します – 人々は私に無料で家をくれます。」

さらに彼はこう付け加えた。「これらの家を無料で手に入れることができると考えている多くの人には、少し誤解があります。

「そのような物件もありますが、基本的にこれらの物件は 100% 減価償却が進んでいて、住めなくなります。私たちはクライアントがほぼターンキー物件を見つけるお手伝いをします。

500万円(25,000ポンド)から3,000万円(150,500円)の間で支払う準備をしてください。

同氏は、空き家の多くは別荘であり、その起源は第二次世界大戦後に日本が経験した「経済の奇跡」にまで遡ると説明する。

「1970年代から1990年代の日本経済の全盛期には、富裕層がセカンドハウスを所有するのが普通のことだと考えられていました。 [for it to be] 田舎では。

「しかし、日本の好景気が終わった後、人々は働くためのお金があまりなくなり、人々はこれらの別荘を放棄したり、売却したりし始めました。

「何が起こったかというと、日本中にこのような別荘物件がたくさんあるのに、以前ほど真剣に住宅を所有することに関心がなくなってきているのです。供給はたくさんあるのに、需要はあまりないのです。

「支払った金額ではバーミンガムのベッドは買えませんでした」

40代半ばの英国人駐在員で物理学者のシャビル・ラーマン氏は、日本の田舎ですぐに入居できる数少ない空き家の1つを見つけることに成功した。

「私の目に留まったのは、田んぼが見えるこの一戸建ての、工事不要の日本建築の物件でした」と彼は言います。

2009年に横浜でトレーニング中に日本で「素晴らしい時間」を過ごした後、彼は日本でもっと時間を過ごしたいと決心した。

仕事でイギリスとUAEを行き来しないときは、東京近郊の大川町の物件を別荘として使っている。

「支払った金額でバーミンガムのワンベッドルームのアパートを手に入れることができるとは思いませんでした。

「これは 186 平方メートルの室内空間を持つ 3 ベッドルームの家です。 とてもお値段もお手頃で、 [it was] 単なる現金取引です」とラーマン氏は言います。

READ  アニメ日本会議はウイルス時代に適しています