Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「私は私の人生でこれほど病気を感じたことがありません」:患者が他の人に注射を受けるように促しているときのCovid病棟内

ITV NewsHealthの編集者であるEmilyMorganが、Royal PrestonHospitalの最新のCovid開発について報告します。


それ以来初めて 冠状動脈デルタバリアントは英国で離陸しました私のチームと私は参加しました コロナウイルス病気 スイート。

また、多くの住民がワクチン接種を受けて以来、初めて入院しました。

その時、私たちは何を見つけましたか? 実のところ、それはほぼ予想通りでしたが、それはそれがそれほど驚異的であったという意味ではありませんでした。

Lancashire Teaching Hospitals Trustには、現在約60人のCovid患者がおり、着実に増加しています。

Lancashire Teaching Hospitals TrustのCovid患者の60%以上がワクチン接種を受けていません。 彼に起因する: ITVニュース

集中治療室と急性期病棟にいる彼らの60%以上はワクチン接種を受けていません。 それは大きな数です、それは信じられないほどです。

30代の健康で健康な人が呼吸器を使っています。 これらは、ジャブの資格を持ち、(何らかの理由で)ジャブを取得しないことを決定し、現在彼らの人生のために戦っている人々です。

科学者や大臣から何ヶ月も警告を聞いてきましたが、ワクチンを接種しないことの影響を見るのはそれほど衝撃的ではありません。


「私はそれを手に入れるとは思いませんでした」と、28歳のダレンはみんなにCovidワクチンを接種するように促します

私は、バーの同僚からウイルスに感染した28歳のダレンと話をしました。

彼は抗ワクチンではありません、彼はそれをひどく受け取らないだろうと思っていました、そして彼がワクチンを必要とするとは思っていませんでした。

彼は最後の2泊を集中治療室で過ごしました。 彼は現在病棟にいますが、それでも非常に病気で、状態は良くありません。 彼のメッセージ? 予防接種を受けてください。

反対に、2回刺された患者にも会いました。

彼女は50代で、肺疾患を患っており、カウンセラーは彼女が通常リスクのカテゴリーにあると言いました。


ロイヤルプレストン病院でコビッドの治療を受けているヘレンは、ITVニュースに次のように語った。「ワクチンを持っていなかったら、まったく別の状況になるだろうと100%確信している」。

コビッドは最終的に病院に入院しましたが、病気にはならず、今日は帰宅途中です。

彼女はワクチンが彼女の命を救ったと言った。

「根本的な健康問題のため、12月に2回予防接種を受けました。

「当時、私が心から受け入れたのは100%ではないと言われました。どんな保護も、何もないよりはましです。

「私はワクチン接種を受けることを躊躇しませんでした、そして私がワクチンを持っていなかったら私は完全に異なる状況にあるだろうと100%確信しています」と彼女は付け加えました。

今日私に衝撃を与えた2つのことを言わなければなりません。 患者ははるかに若く、彼らのほとんどは免疫がありません。

プレストン病院の医師は、フリーダムデーが間違いなくより多くの患者を連れてくるので、今後数週間について心配していますが、今日の彼らの主なメッセージは、ワクチン接種が命を救うということです。

それ以上のことを単純に言うことはできません。


READ  日本とドイツが中国を抑止するための最初の安全保障協議を開催