Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「素晴らしい友情」:ミシシッピ州北東部で日本と南部の文化が融合| 地元のニュース

菊池美子は、日本から渡米したときの様子を覚えています。

Renasantの日本人コーディネーターであり、ミシシッピ州の日系アメリカ人協会の理事である菊池氏は、日本に住んでいたときはコミュニティの活発なメンバーでしたが、米国に引っ越したときは友達の助けが必要だったと言いました。

「彼らの優しさがなかったら、私は生き残ることができなかったでしょう、私は言語を知りません、私は文化を知りません。」と彼女は言いました。

ミシシッピ大学を卒業し、サザンベルの野心を抱くレナサント菊池は、2007年にトヨタがブルースプリングスに工場を建設する計画を発表した後、日本の連絡係として雇われました。 彼女の役割は、銀行業だけでなく、日本の家族が職業的にも社会的にも新しい南部の生活に順応するのを助けることです。

ミシシッピ州北東部の文化と成長する日本のコミュニティの間の架け橋として機能します。これは、過去10年間でますます重要になっている橋の1つです。

文化の構築

国勢調査のデータによると、リー郡のアジアの人口は2010年以降約80%増加しています。ユニオン郡では、この増加は150%を超え、ラファイエットでは70%弱でした。 これの多くは、過去10年間の日本のコミュニティの増加に起因する可能性があります。

2008年、ミシシッピ大学は日本企業とともに、ノースミシシッピ日本補足学校を設立しました。 同年、日米ミシシッピ協会(JASMIS)はノースミシシッピ支部を設立しました。

コミ・リチャードソンはバンコープサウスの日本の連絡係を務めており、菊池と同様に、トヨタがこの地域に到着したことを受けて任命されました。 彼女は、ミシシッピ州北東部に著名な日本企業が到着したことで、他の方法ではこの地域に来なかったかもしれないコミュニティへの扉が開かれたと語った。

「南部では、今まで他の国ほど日本人がいなかったからです」とリチャードソンは語った。 「たとえば、カリフォルニアと同じように、日本のコミュニティがあります。しかし、今ではここに日本のコミュニティがあります。それは良いことです。」

ミシシッピ州トヨタの経営担当副社長であるエミリー・ローダー氏は、ミシシッピ州トヨタは10年以上にわたり、日本文化を地域社会に統合しようとしてきたと語った。 それはJASMISの地方支部と日本の補習学校の支援から始まりました。 2013年には、ガムツリー美術館と提携して文化リンクを主催し、日本のクリエイティブ、講演、アートワークショップ、日本美術の展示会を開催しました。

それ以来、ミシシッピ州北東部の日本社会へのトヨタの貢献は数多くあります。書道の授業、日本の芸術プログラム、音楽、そして文化活動を提供するための組織とのパートナーシップです。 彼らはこれまでに、ノースミシシッピチェリーブロッサムフェスティバル、テュペロ公立学区(TPSD)での文化認識クラスなど、日本の文化プログラムに55,000ドルを寄付し、幼い子供たち、特にリソース不足の子供たちに芸術と文化を紹介する取り組みを行っています。日本。

北米トヨタのコーポレートコミュニケーションアナリスト、エミリーウィレモンホランドは、次のように述べています。 「それは一種の進行中であり、構築され、成長しています。」

移行する

ミシシッピ州北東部にトヨタが到着した後、毎年恒例の文化祭典への日本人の参加が強化されるなど、文化の中心地が急増しました。 地元の学校での文化的意識の向上。 この地域での日本の芸術、音楽、食べ物のインクルージョンの増加。 母国語としての料理などの多文化グループを開発します。 テュペロのファーストバプテスト教会での第二言語としての英語(ESL)プログラムの学生としての出席の増加。

日本のトヨタ社員にとって、これらのイベントやプログラムは、地域社会に受け入れられていると感じ、文化遺産と結びついている重要な部分です。 多くの日本人労働者は、日本に戻る前に一時的に、通常2〜3年ブルースプリングスに来ます。

ペイントのグループマネージャーである浅井修二は、2020年2月からトヨタミシシッピに勤務しています。名古屋から20年前にトヨタに入社し、妻と3人の子供とミシシッピでの生活を楽しんでいます。

しかし、最初の動きは苦労でした。 流行の拡大により学校が閉鎖を余儀なくされたとき、浅井家はミシシッピ州北東部に到着したばかりでした。 彼らはまだ子供たちの学校とは関係がなく、子供たちが英語を上手に話せなかったため、浅井は彼らの授業を手伝いながら語学教師の役割を果たしていることに気づきました。

「率直に言って、私たちの英語コースは一種の戦いです」と浅井は笑いながら言った。 「それは簡単ではありませんでしたが、当時、私はテレビ番組を通じて子供たちに英語を教えるためにアニメーションを使用しています。」

浅井は、3年生の娘の職務を利用して、6年生の息子の教育を支援することで創造的になりました。 科学の本とGoogle翻訳を使用して、息子にとっては簡単だった数学の作業を支援し、彼にとって難しい文章に焦点を合わせました。

「私は混沌を説明しようとしました。文の意味は何ですか、「追加」とは何ですか」と浅井は冗談を言った。 「しかし今、彼らは挑戦である以外に、良い記憶を持っています。」

豊田通商の渡辺真太郎CEOも、10代の頃に渡米した際に同様の苦労を経験した。 浅井家と同じように、渡辺は両親がここに就職したときにアメリカに移住した。

渡辺さんの両親はやがて日本に帰国したが、留まることにした。 彼は大学に通い、最終的には2013年にミシシッピ州に転職しました。彼は妻の渡辺亮子(トヨタミシシッピ州の人材ビジネスアナリスト)と出会い、現在はトヨタの正社員の一員です。

トゥペロ公立学区内での日本文化への意識向上に向けたトヨタの取り組みを率いる夫の渡辺良子と同様に、彼女も20年以上米国に住んでいます。 2015年にトヨタに採用される前は、TPSD翻訳者として働いていました。

彼女の現在の役割は、プレゼンテーション中に日本人学生の米国への適応を理解し、日米の文化の違いを共有し、交通機関の変更中の課題を共有し、TPSDがどのように子供たちに機会を生み出すかを支援することであると考えています。

「移民や一時的な居住者が文化的適応によってどのように影響を受け、彼らの精神的健康がどのように影響を受けるかについての大学院および学部研究のための私自身の研究に基づいて、これが私の情熱の領域であるため、この機会を与えられたことに非常に感謝しています」渡辺さん。

接続を維持

シェノサリバンは、2011年にオックスフォードに引っ越したとき、ミシシッピ州北部にすでに日本の補完学校があったことに驚いていました。それ以前は、サリバンは米国に来る通常の目的地はニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴの大きな場所だと思っていました。 ミシシッピは予想外でした。

「ここに引っ越したとき、ミシシッピに日本人のコミュニティがあることすら知りませんでした」と彼女は言いました。

現在、サリバンはUMの日米パートナーシッププログラムのディレクターであり、その下で補助学校が提供されています。 2011年にインストラクターとしてスタートして以来、彼女はプログラムが数人から26人以上の参加者に成長し、UMのメインキャンパスの教室から彼らのスペースに移動するのを見てきました。

サリバンは彼女の役割を熱心に支持しています。 学生が文化と教育のつながりを維持できるように、補助学校は文部科学省のガイドラインに従って3つの科目を教えています。

「学生にとって、ミシシッピ州北部に住んでいるので、これは彼らの人生の非常に短い期間です」とサリバンは言いました。 「私は彼らに、彼らが離れていないことを感じてもらいたい…彼らを日本人として信頼すること。」

学校は日本の学校制度のカレンダーに従い、4月から3月までの午前9時から午後3時頃まで土曜日のクラスを開催します。 学生は日本語で教えられ、定められた期限に従い、日本の習慣を練習します。

このプログラムは16家族で構成されており、相互に関連したプログラムです。 別々のクラスの代わりに、各クラスは同じ建物で教えられます。 彼らは1年生から9年生までをカバーしているので、プログラムの4人の教師はそれぞれ少なくとも2つの学年を教えています。 親は実用的で、必要なときに助けてくれることがよくあります。

「彼らにはコミュニティが必要だと思う」とサリバン氏は語った。 「私たちには広い日本人コミュニティはありませんが、彼らは間違いなくその地域の他の日本人とつながりたいと思っています。」

文化が混ざり合う

バンコープサウスの日本の連絡係であるリチャードソンは、13年間別れを告げてきました。 多くの家族が日本に帰国するのを見てきました。 何年にもわたって顔は変わりますが、パターンは同じままです。

「日本人は学ぶためにここにいます。彼らはここを訪れるだけでなく、実際にここに住んでいます。彼らは自分たちの経験を大切にする方法を知っています。」

彼らは食べ物、言語、衣服、文化を持ってきます。 時々、彼らは特別な機会のために日本の衣装を持ってきます。 限られた東洋の食料品の選択肢で、彼らはアメリカの食材で日本食を作る方法を学びます。

南部と日本の文化は必然的に混ざり合っています。

「彼らは適応し、この成分の代わりに、ここで入手できるものを使用して、実験を行うのはどうだろう」とリチャードソン氏は語った。 「食べ物(a)は日本の基本的な文化ですが、ここに来ることで、入手可能なものを使って好きなものを作る方法を学びます。」

菊池にとって、日本の連絡係としての彼女の役割は、日本からミシシッピへの移行を促進することです。 彼女はテュペロでのノースミシシッピ桜祭りの設立を支援し、ガムツリー美術館とノースミシシッピ交響楽団の理事として日本文化を促進し、テュペロ鈴木協会と提携しました。

彼女は、南部と日本の文化の橋渡しを支援した功績により、日本政府から表彰されました。

何年もアメリカに住んでいた後も、菊池は故郷や文化から遠く離れたこの国での新参者であったこと、そしてその移行を行うためにどれほどの慰めと助けが必要だったかを覚えています。

今、彼女は他の人が日本からミシシッピへ旅行するのを手伝うことによってその親切を取り戻したいと思っています。

「日本人の家族​​だけでなく、アメリカのコミュニティでも、コミュニティでの自分の役割を分かち合えることを願っています」と菊池氏は語った。 「言葉が話せないと怖いですし、文化と言葉の違いを乗り越えられれば、素晴らしい友情が生まれると思います。」

READ  オレンジカウンティのコロナウイルス:ディズニーワールドの本拠地であるフロリダカウンティの市長が、コビッドの症例の増加について警鐘を鳴らしている