Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「絶望的な気分です」:ラオスでの崖っぷち生活

「絶望的な気分です」:ラオスでの崖っぷち生活

  • アラステア・マクレディ脚本の作品
  • ラオスのビエンチャンにて

画像ソース、 アラステア・マクレディ

写真にコメントして、

東南アジアの最貧国の一つであるラオスは中国に多額の借金を抱えている

ジョーはラオス有数の大学で英文学の最近の学位を取得しています。 しかし、数週間前に卒業した22歳の彼は、すでに「絶望的」だと感じているという。

不毛な雇用市場に直面しているビエンチャン在住の彼は、自宅で仕事を見つける希望はなく、代わりにオーストラリアで清掃員か果物狩りの仕事をすることを目指している。 彼の志は低いが、それは仲間内に広がるかすかな幻滅を反映している。 過去 2 年間にラオスを襲った深刻かつ持続的な経済不況の結果。

同氏はBBCに対し、「この世代は誰もが政府を信じていない。彼らはラオスを離れたいと思っているが、政府の言うことは何も信じていない」と語った。 「私の友人のほとんども同じ考えを持っていますが、それについて話すのはプライベートだけです。公の場で彼らの悪口を言ったら、何が起こるかわかりません。」

経済危機は、中国支援のインフラプロジェクトの資金調達に使われた政府借入プログラムが破綻し始めたことによって引き起こされた。 危機は収まる兆しがほとんどなく、公的債務が持続不可能な水準にまで急増し、政府予算の削減、インフレ率の急上昇、記録的な通貨安をもたらし、東南アジアの最貧国の一つで多くの人が瀬戸際での生活を余儀なくされている。

悲惨な経済状況に直面し、4月に活動家アヌサ・“ジャック”・ルアンソプーム氏が銃撃され、一党独裁国家当局が改革を求める声を封じるために残忍なまでの手段を講じることが浮き彫りになったことで、ラオス人の若い世代はますます自分たちの将来を海外に見るようになっている。 . .

」[Young people] ラオス・フランス人の国際人権弁護士、エミリー・ブラディシェット氏は「変化については考えもしません。どうやってこの国から抜け出すのか、ここで立ち往生している、私に未来はない、という気持ちです」と語った。そして擁護者。 人権団体マヌーシャ財団の創設者。

「もし自分の国が中国の植民地になりつつあるのを見たら、完全に腐敗した政府を見ているのに、声を上げると殺されるかもしれないから声を上げることができないのに、あなたはここに残りたいですか?」

「借金の罠」

ラオスは人口750万人の人口の少ない内陸国で、この地域で最も貧しく後発開発途上国の一つです。 大部分が農業社会を変革する試みとして、過去10年間、政府は大規模なインフラプロジェクトに着手してきたが、そのほとんどは歴史的な同盟国であり隣国である中国の資金提供によるものであり、中国自身も世界的なインフラ投資プログラムの一環として2013年から融資を行っている。ベルト。 道路イニシアティブ(BRI)。

ラオスは、同地域の主要な電力供給源として「東南アジアの電池」となるために、外国資金で数十のダムを建設してきた。 しかし、供給過剰により多くのダムの生産性が低下し、国営電力会社は50億ドル(約41億ポンド)の負債を抱えている。 資金不足のため、ラオスは過半数を中国が所有する企業に対し、2021年に輸出規制を含む送電網の大部分を管理する25年間の譲歩を認めた。

負債を抱えた巨大プロジェクトの中には、ビエンチャンと中国南部を結ぶラオス・中国鉄道も含まれる。 59億ドル(48億5,000万ポンド)の費用をかけて2021年12月にオープンしたが、ラオス政府は19億ドルの借金を抱えている。 中国政府は鉄道が「経済回廊」を生み出したと主張しているが、特に中国国有企業が70%の株式を保有しているため、この数字は一部の経済学者の意見とは一致していない。

画像ソース、 アラステア・マクレディ

写真にコメントして、

ラオスと中国を結ぶ鉄道は、ラオスを借金に陥れたいくつかのインフラプロジェクトのうちの1つである

シンガポールにあるISEAS-ユスフ・イシャク研究所の上級研究員で経済学者のジャヤン・メノン氏は、「人々はラオスを素早く移動できることに喜んでいると思うが、合意されたコストを考えるとそれは正当化されない」と鉄道について語る。

これらすべてがラオスの債務の膨張に拍車をかけ、国際通貨基金によると、GDPに占める割合は現在世界で9番目に高い。 その額の半分近くは中国に負っており、ラオスは今後も存続するために同国の金融業者からさらに借り入れなければならない。

「ラオスは中国に対して非常に大きな恩義があるため、交渉上の立場が損なわれている」と同氏は述べた。 「借金を返済するためだけに借りなければならないのです。それが借金の罠の定義です。」

ラオス政府からのコメントは得られていない。 しかしメノン氏は、ラオスが中国を支持して他の国際金融機関を繰り返し拒否しているのは、おそらく中国が「他の社会主義国の破綻を許さない」という政府内の信念のためだと強調した。 同氏は、中国政府はスリランカに続いて他の一帯一路諸国の債務不履行を容認することにも慎重であると付け加えた。

これは、習近平が一帯一路構想を立ち上げてから10年後の中国の海外投資を取り上げた一連の記事の第2弾である。

現在、この結果を妨げている唯一のものは、中国の定期的な債務猶予措置であるが、その条件は依然としてほとんど曖昧である。 これが上げられました 中国政府のラオスに対する影響力拡大への懸念。 ラオスが衛星国家になる危険にさらされているかとの質問に対し、メノン氏は「その船は出航した」と答えた。

同氏は、「巨額の債務蓄積」による「マクロ不安定」もラオスの通貨キープの価値下落を引き起こしており、対米ドルで記録的な安値まで下落し続けていると述べた。 これにより、数十年にわたって物価が高水準に達しており、一般のラオス人がこれほど痛感したことはありません。

「戦わなければ死んでしまう」

「今年のようなことは今まで経験したことがありません」と、ビエンチャンの食品市場で基礎食料品を販売する60代のひ弱そうな女性、プンクサイさんは言う。 同氏は、「価格が日に日に上昇している」ため、顧客の購入が減っていると述べ、8月がこれまでで最も高価な月だったと付け加えた。 彼女の家族は生き残るために適応しなければなりませんでした。

「家族はこれまでよりも安く食事をする必要があります。今まで食べていた量の半分を食べています。」とファンサイさんは言います。 「しかし、私は最後まで戦います。そうしなければ、私は死ぬでしょう。」

画像ソース、 アラステア・マクレディ

写真にコメントして、

危機に見舞われたラオス経済では物価が上昇した

しかし、今後何年にもわたって経済危機の矢面に立つのは、具体的な機会がほとんどないインフラプロジェクトに将来が賭けられているラオスの若者たちだ。

「ラオスは旅行には良い場所ですが、住むには良くありません」とラオス北部ルアンパバーンのホテルで受付係として働く19歳のセンは言う。

街は再び賑わいを取り戻しており、ユネスコ世界遺産に登録されている旧市街には、フランス植民地時代の完璧な建物があり、観光客で賑わっています。 しかし、セン氏は依然として厳しい状況が続いていると語る。「私のような一般人にとって、それは非常に難しいことだ。インドで放浪者として暮らすよりはマシ、もしかしたら北朝鮮よりもマシかもしれない。本気だ。我々はただ生き延びようとしているだけだ。」 」

彼はホテルの仕事で月に125ドルしか稼いでいないが、大学に行ったり政府の仕事に応募したりすることに意味がないと考えている。なぜなら、どこに行くにも腐敗した役人に「多額のお金を支払わなければならない」からだ。お金がありません。 家族のきずな。

「現在、私のようなラオス人学生のほとんどは大学に行きたくないのです」と彼は言う。 「彼らは日本語や韓国語を勉強し、それらの国の工場や農業で働くことを志願します。」

「ラオスの若者の間で不満が高まっており、早急な対応が必要です」とUNDPラオス常駐副代表のキャサリン・ヴオンは言う。 同氏は、18~24歳の「驚くべき」率(教育、雇用、訓練以外)が38.7%であり、これは東南アジア史上最高の率であると指摘した。

「ラオスでは、債務状況により医療や教育を含む社会部門への投資が減少していることを特に懸念しています」と彼女はBBCに語った。 「今後数年だけでなく、今後10年、20年にわたってこの世代にどんな影響を与えるか、想像できると思います。」

しかし、1975年以来国を統治してきたラオス人民革命党が反対意見に寛容ではないため、若者たちは不満を吐き出すためにソーシャルメディアに目を向けざるを得なくなっている。

インフレと生活費が上昇し始めた 2022 年 3 月、アヌサ “ジャック” ルアンスボムは Facebook 上で当局を批判するソーシャル コメント ページが増えつつありますが、その 1 つであるクブ クルエン ドゥアイ、または「キーボード パワー」を作成しました。

4月29日にビエンチャンのカフェで襲撃されたとき、25歳の彼は数万人のフォロワーを集めていた。 監視カメラの映像には、覆面をした男がジャックの顔と胸を撃つ様子が映っていた。 数日後の警察の声明では、原因はビジネス上の争いか、恋人同士の口論だったという。 ジャックは攻撃を免れたが、信者たちにとって犯人は明らかだった。

ジャックさんのフェイスブックページをフォローしているビエンチャンの大学生、ジョーさんは「政府が彼を撃ち殺し、このように私たちを支配しようとするのはとても残念だ」と語る。 「ジャックはラオスの人々の代弁者であり、普通の人が言いたがらないことを彼は言いました。」

画像ソース、 アラステア・マクレディ

写真にコメントして、

シュエ・ミン・エンさんは夫を偲んで「信仰、勇気、強さ、希望」と書かれたブレスレットを着けている

しかし、これらの改革を求める声は無視されるか抑圧されるだけであり、失踪したラオスの市民社会活動家ソムパス・ソンプーンの妻シュエ・ミン・エン以上にこのことをよく知っている人はほとんどいない。

ソンバット氏は2012年12月にビエンチャンで警察に逮捕されて以来、姿を見せていない。当時、ソンバット氏の影響力は増大し、改革への期待があった。

シュエ・ミンさんは、誘拐された日に夫と最後に会った場所であるビエンチャン中心部の手工芸品店からBBCのインタビューに応じ、ジャックやソムパスのような声は「政治的エリート層」によって「信者が増えすぎる」ため押しつぶされていると語った。 … 「ラオスでは困難に直面しています。」

「そんなことがあるたびに [Jack’s shooting] 「もしそうなったら、これがわかります。人々は沈黙しています。」と彼女は唇を閉じた。

ラムシー・ドゥアンシャン氏による追加レポート

READ  パキスタンの洪水: 数万人が家を追われ、首相は「災害の規模」は恐れられていたよりも深刻だと警告 | 世界のニュース