Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「行く」は日本の石造会社の可動式石ピザオーブンで新しい意味を帯びます

鈴鹿三重県-ピザオーブンを持って旅行します。適切なピザオーブンはほぼ定義上静止しているので、よく耳にする言葉ではありません。 ほぼ、しかし完全ではありません。 この西日本の都市に拠点を置く石積み会社が、分解して他の風光明媚な屋外スポットに運び、再組み立てできる本物の屋外ピザオーブンを作成したためです。

組積造会社宮崎関西株式会社株式会社 120年以上営業しており、売上のほとんどは石の墓標からのものです。 しかし、コロナウイルスのパンデミックが日本を襲い、より多くの人々が楽しみのために屋外に目を向け始めたので、会社は新しいフラッグシップ製品が新しい通常に合う時が来たと判断しました。

「キャンプ場などでとっても美味しいピザを楽しんでもらいたい」と三代目宮崎亮太さん(33)は新しいオーブンについて語る。

宮崎氏によると、日本の少子高齢化は、多くの家族が前世代の墓を世話することができなくなったことを意味し、一部の家族は墓石を永久に破壊することを決定しました。 これらおよびその他の要因は、新しい石の注文が長い間減少していることを意味します。

そのため、宮崎は自分の会社が石で作ることができるものは他にないのだろうかと考え、コロナウイルス時代の屋外ブームに焦点を合わせました。 つまり、彼は石のピザオーブンを車のトランクに入れて持ち運べるほどコンパクトにしようと決心し、約5か月間試行錯誤を繰り返した後、最終的なデザインを思いついたのです。 2020年。

オーブンは、栃木県宇都宮市で採石された特に耐熱性の石である大谷凝灰岩を使用しています。 各オーブンの幅は42センチ、奥行きは87センチ、高さは42センチです。 重さは合計で約140kgとそれほど重要ではありませんが、13個に分かれており、1人で組み立てるのに約10分かかるそうです。 収納も簡単で、普通の家の庭にも設置できます。





宮崎関西株式会社株式会社宮崎亮太社長は、1月に三重県鈴鹿市で持ち運び可能な石焼きピザオーブンを持って見られます。 2022年17日。(毎日/谷口吾)

屋外のシェフがオーブンを開けてピザの進行状況を確認するために内部の温度を下げる必要がないことを確認するために、耐熱ガラスのドアと内部テーブルを回すハンドルがあり、後者は調理さえ保証します。

「超サクサクの皮で本物のような冷凍ピザの味を作ることもできます」と宮崎は宣言します。 しかし、オーブンはピザに限定されていません。 じゃがいもや玉ねぎなどの野菜の甘みを引き立てる遠赤外線効果があり、肉も柔らかくなります。

「食材の良さを盛り上げてくれます」と宮崎は自慢。

同社は今年の夏頃に注文するオーブンの製造を開始し、1台あたり約30万円(約2,600ドル)の費用がかかると見込まれています。

「安くはないですが、石窯で楽しく調理して、組み立てる過程を楽しんでもらいたいです」と宮崎氏。

お問い合わせは三重県鈴鹿市宮崎関西本社0120-820-743。

(津局谷口剛による日本語原作)

READ  東芝の第2株主が同社に求婚者を公に探すよう要請する