Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「西洋帝国主義の最盛期にあったように」世界的な不平等| 国際経済

新しい報告によると、世界の不平等は20世紀初頭と同じくらい顕著であり、超富裕層が世界の収入の増加するシェアを獲得した後の西洋帝国主義の高さでした。

以下を含むエコノミストのグループによって実施された研究 トマ・ピケティ エマニュエル・サエズは、貿易と金融の30年間のグローバル化により、富める者と貧しい者の間のギャップが広がったと述べました。

世界不平等報告書は、冷戦の終結以来、国間の不平等は減少したと結論付けましたが 不平等 それはほとんどの国で増加し、過去2年間の世界的大流行の結果としてより顕著になりました。

富裕層と貧困層の間の富の格差は所得格差よりもさらに大きく、昨年の資産価格の急騰はこれまでで最大の億万長者の富の増加につながったと報告書は付け加えました。

調査によると、世界の人口の最も裕福な10%は、現在、世界の収入の52%を受け取っていますが、最も貧しい半分の8%を占めています。 平均して、世界の所得分布の上位10%の個人は年間122,100ドル(92,150ポンド)を稼ぎ、世界の所得分布の最も貧しい半分の個人は年間3,920ドルを稼ぎました。

「世界的な不平等は、20世紀初頭の西洋帝国主義の最盛期にあったのと同じくらい今日も大きいように見える」と報告書は述べた。 「実際、世界の人口の最も貧しい半分が現在保有している収入の割合は、西側諸国とその植民地との間に大きな違いが生じる前の1820年の約半分です。」

世界中の100人以上の研究者が実施したこのレポートでは、所得の不平等は地域によって異なり、中東と北アフリカ(MENA)が最も不平等であり、ヨーロッパが最も少ないと考えられています。 ヨーロッパでは、収入の上位10%のシェアは約36%ですが、中東と北アフリカでは58%です。

米国、ロシア、インドなど一部の国では不平等の「驚異的な増加」が見られましたが、ヨーロッパ諸国や中国など、世界の他の地域では比較的緩やかな増加が見られました。

過去30年間、男女間の格差は縮小しているものの、男女間の所得格差は依然として大きい。 女性の収入のシェアは1990年に30%に達し、2020年までに35%近くまで上昇しました。レポート、世界の仕事 不平等 パリ経済学校とカリフォルニア大学バークレー校が共同で主催しているラップ氏は、ジェンダーの不平等への取り組みの進展は世界レベルでは「遅すぎる」と述べた。

毎日のBusinessTodayメールを購読するか、TwitterのBusinessDeskでGuardianBusinessをフォローしてください。

地球上で最も裕福な50人の富は1995年から2001年の間に毎年9%増加し、500人の最も裕福な人々の富は毎年7%増加しました。 同期間の平均資産は3.2%増加しました。 1995年以降、上位1%が総追加資産の38%を獲得しましたが、下位50%はその2%しか獲得していません。

報告書の筆頭著者であるルーカス・シャンセルは、次のように述べています。貧しい国の場合。

「この報告書で行われた世界的な調査から学ぶべき教訓が1つあるとすれば、それは不平等が常に政治的な選択であるということです。」

READ  カブール空港での火事の交換で、少なくとも1人が死亡し、他の数人が負傷した