Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「適切な経済的利益」に基づいてDigicelPacificを購入するというTelstraの入札

会長のジョン・マレン氏によると、オーストラリアの通信大手テルストラがディジセルの太平洋事業に20億豪ドル(12億5000万ユーロ)で入札するかどうかは、「適切な経済的利益」を得ることにかかっているという。

Mullenは、Pension Investors Conferenceで、DennisO’Brienが所有するDigicelPacificを購入するというアイデアは、当初はTelstraの注目を集めていなかったが、オーストラリア連邦政府の利益のために議論が行われたと述べました。

「もしそれが政府の利益にならなかったら、議論をさらに進めることができただろうか?おそらくそうではないだろう」とマレン氏は言った。 しかし、これが起こった場合、それは政府の期待と会社の経済的利益に応える私たちの能力によるものです。 両方ができなければ、それは起こりません。」

彼は、テルストラは「十分な経済的利益を生み出す株主のために無意味な投資をすることはないだろう」と付け加えた。

ただし、特に重要なインフラストラクチャプロバイダーである場合は、主権政府を支援できる場合がありますか? もちろんできます。」

入札の詳細

入札の下で、政府が残りのためにローンを提供する間、テルストラは最大3億豪ドルを使うでしょう。 ローンは3%の割合で、国外のプロジェクトのためにオーストラリアの企業にローンと保証を提供できる政府の輸出信用機関から提供されます。

チャイナモバイルやZTEを含む中国所有の通信事業者も、3Gおよび4G携帯電話ネットワークと海底ケーブルへのアクセスを備えたDigicelPacificの購入に関心があると言われています。

シドニーモーニングヘラルドは、政府高官が、中国の通信インフラへの関心の見通しが納税者のお金を募るために使用されることを懸念していると報告しています。

オーストラリアのスコット・モリソン首相は、納税者が提案でお金を失うことがないことを政府が保証できるかどうかを尋ねられ、「これは [Telstra chief executive Andy Penn]とその株主。 彼らは彼らが追求する商業的目標を持っており、私は彼らが彼らの商業的利益に役立たないことをすることを期待していません。」

山上真吾駐オーストラリア日本大使は、日本も協定の一部となることを否定しなかった。 彼は、オーストラリア、日本、米国の間で太平洋ですでに多くの協力があると言いました。

「日本は、自由で開かれたインド太平洋のアイデアを支持しています。このアイデアには、地域のすべての国が高品質のインフラストラクチャにアクセスできるようにすることが含まれます。」

READ  日本を拠点とする日精樹脂工業は、米国本社をサンアントニオの南東側に移転しました。