Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「長引く新型コロナウイルス」などというものはない:「不必要な恐怖」、保健当局が衝撃の主張

「長引く新型コロナウイルス」などというものはない:「不必要な恐怖」、保健当局が衝撃の主張

健康

旗に従って、ドアからまっすぐ出てください。

ある国の保健専門家らによると、「長期にわたる新型コロナウイルス」という言葉は、期限切れのN95マスクの山と同じように脇に置かれるべきで、1年後に苦しんでいると言われている人々の症状は、次のような典型的なウイルスと何ら変わらないことが判明したという。インフルエンザ。

オーストラリアの政府支援の医学研究者らは、コロナウイルス(新型コロナウイルス感染症)検査で陽性反応を示した人が多数出たことで、それほど重度ではない「ウイルス疲労」が増加したことを受けて流行した、恐怖を煽るフレーズの使用をやめる時期が来たと主張している。一般的には気づかれない症状であるとサウスウェスト・ニュース・サービスが報じた。

オーストラリア政府機関の研究によると、いわゆる「ロングコロナ」の症状は、他のウイルス性疾患からの回復に苦労している症状と変わらないことが判明した。 プライズメーカー – Stock.adobe.com

新たに発表された研究を監督したクイーンズランド州最高保健責任者のジョン・ジェラード博士は、「『新型コロナウイルスの長期化』のような用語の使用をやめる時期が来たと思う」と述べた。

「彼らは、このウイルスに関連する長期的な症状には何か独特で例外的なものがあると誤ってほのめかしています」と彼は説明した。

ジラールは、これらの用語は不必要な恐怖を引き起こし、場合によっては回復を妨げる長期的な症状に対する過剰な警戒を引き起こす可能性があると警告した。

クイーンズランド・ヘルスの研究者らは、結論に達するために、症状のある18歳以上の5,112人を対象に調査を行った。

報告されている症状には、疲労、頭の霧、咳、息切れ、嗅覚と味覚の変化、めまい、心拍数の上昇または不規則などが含まれます。

研究者らは、2022年の晩春に新型コロナウイルス感染症検査(陽性・陰性両方)を受けたオーストラリア人の病気のグループから被験者を抽出し、1年後に症状と生活の質について質問した。

Queensland Health の研究者は数千人の患者と協力して研究結果をまとめました。 bizoo_n – Stock.adobe.com

参加者の16%は2023年の春に症状が出たと回答し、3.6%は日常生活で「中等度から重度の機能障害」を報告した。

2022 年に検査で陽性となった成人は、検査で陰性だった成人や単にインフルエンザにかかっただけの成人よりも高い割合でフレイルレベルの増加を経験しているという証拠は見つかりませんでした。

研究では、パンデミック中にオーストラリア政府が課した厳格な制限のため、「長期にわたる新型コロナウイルス」と診断される割合が他国に比べて低かったことが示された。

最終文書は来月、バルセロナで開催される2024年欧州臨床微生物・感染症会議で発表される予定だ。

「高度に予防接種を受けた人々がいる医療システムでは、パンデミック中に多数のCovid-19症例が発生したため、長期にわたるCovidは顕著で深刻な病気のように見えるかもしれません」とジェラルド氏は述べた。

専門家らは、多くの人が一度に新型コロナウイルスから回復するのに苦労した後にこの用語が使われるようになったと述べ、ウイルス性疾患の後に経験する回復期間の長期化は通常気付かれないと述べた。 ニコラス・フェリックス/peopleimages.com – Stock.adobe.com

「しかし、持続的な症状や機能障害の割合は、他のウイルス感染後の病気と区別できないことがわかりました」と彼は続けた。

「これらの発見は、新型コロナウイルス感染症後の結果を他の呼吸器感染症後の結果と比較し、ウイルス感染後の症候群についてさらなる研究を行うことの重要性を強調しています。」

もっと読み込む…




https://nypost.com/2024/03/14/lifestyle/no- such-thing-as-long-covid-health-agency-says-in-shock-claim-unnecessary-fear/?utm_source=url_sitebuttons&utm_medium=site %20ボタン&utm_campaign=サイト%20ボタン

共有URLをコピーする

READ  JWSTは、太陽系外惑星の生命の指紋を検出できることを示しました