Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「香港にいる必要はありますか?」 グローバル企業は撤退しようとしている

多国籍企業は、世界有数の貿易都市である香港の将来に対する不確実性に加えて、中国やその他の地域でビジネスを行うのに最適な場所としての香港の将来を恐れています。

グローバル企業や専門家は、政治的混乱、中国本土による独裁的な弾圧に直面して、シンガポールのようなライバルのビジネス都市や、中国の巨大な経済を活用するためのより良い場所と見なす中国の商業の中心地である上海に目を向けています。パンデミック。 .

1997 年に英国が香港を中国に返還して以来、市の指導者たちはこの半自治区を「アジアのコスモポリタン シティ」と呼んでいます。 今日、香港はそれほど開放的ではなく、本土経済への統合が進んでいます。

銀行やその他の金融機関を含む一部の企業は、依然として香港を中国に焦点を当てたビジネスモデルにとって重要であると考えており、将来に目を向けています。 他の人々は、市はもはやかつての見通しを持っていないと結論付けて、脱出しようとしています。

香港の欧州商工会議所のプレジデントであるフレデリック・ゴロップ氏は、「香港にいるのはいつでも簡単なことでした」と語った。 「今、初めて、企業は香港にいる必要があるかどうかについて議論している」

READ  インフレ懸念が投資家を喚起するにつれて、世界の株式は下落している