Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

「Plan 75」プロデューサーがキノファクションプロデュースの衣料品を東京で発売

「Plan 75」プロデューサーがキノファクションプロデュースの衣料品を東京で発売

エクスクルーシブ: ローデッド・フィルムズの創設者、水野栄子=グレイ氏と、キノシタ・カンセイ・グループのCEO、木下政秀氏がタッグを組み、日本のマイノリティーの共同制作に注力することを目的とした東京に拠点を置く制作会社キノファクションを立ち上げた。

新しい組織は、重要な日本の要素や才能を含む長編映画プロジェクトに少数出資することになる。 強力なフェスティバルと商業的可能性を備えたプロジェクトを日本国外で立ち上げるよう努めています。

ミズノ・グレイとジェイソン・グレイによって設立された制作会社ローデッド・フィルムズは、今後も社内で個別に開発された一連のプロジェクトの制作を続ける予定である。 ルノワールからの次のプロジェクト プラン75 営業のためグッドフェローズに乗り込んだディレクター・早川千絵。

Kinofaction はすでにポーランドのセットを含むいくつかのプロジェクトを計画中です ピクニック、作家兼監督の石川慶による、ヴェネツィアのタイトルがクレジットに含まれている 罪の影響 (2016年)と (2020年)。 彼の新しいプロジェクトは、ここカンヌに拠点を置くポーランドのLava Filmsとの共同制作で、コンペティションタイトルが付けられています。 針を持つ少女

また、UTAを代表する脚本家・監督の平柳温子によるタイトル未定の日本・フィリピン合作作品もリストに載っており、そのクレジットには2017年のカンヌ国際映画祭のタイトルも含まれている ああ、ルーシー! 彼女は、2022 年の Amazon Prime Video シリーズのショーランナーおよびディレクターでもありました モダンラブ東京。 彼女の新しいプロジェクトは、彼女もパートナーでもあったフィリピンの会社 Fusee と共同制作されます。 プラン75

キノファクションはまた、ベトナムの作家兼監督のファム・ホアン・ミン・ティ監督による太宰治の影響を受けた短編映画の開発も進めており、これが彼の2020年の短編映画となった。 カッコー雲の国に住む ヴェネツィアでプレーした。

水野は、Loaded Films を通じて、以下を含む国際共同制作を専門としています。 プラン75 そして黒沢清 地の果てまで2019年のロカルノ映画祭で初上映されました。 プラン75 この映画はカンヌ国際映画祭カメラドール特別賞を受賞し、2023年オスカーの日本エントリー作品となった。ローデッド・フィルムズの共同創設者であるジェイソン・グレイがキノファクションのクリエイティブ・エグゼクティブとしてプロジェクトを評価する。

木下氏のグループは産業リサイクルに携わっており、これまでにもローデッド・フィルムズの制作を支援してきました。 地の果てまで そして プラン75。 Kinofaction は、彼が初めて映画制作に直接進出した作品でした。

キノファクションの創設者らは、「キノ」という言葉はもともとロシアとドイツで映画に関連して使われていたことに加えて、それぞれ木下と水野の姓の最初と最後の文字も表していると説明した。 接尾辞「-faction」は、何かを作成するプロセス、またはより広範には、指定されたものに関係するあらゆるプロセスを指します。

少数派共同制作は、プロデューサーが共同制作の歴史が長くなかったり、共同制作する場合には多数派のパートナーとなる傾向があるため、現在日本に欠けている機能です。

READ  インド、ソニーとジーの契約を締結、100億ドル規模のエンターテインメント大国を形成