Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

『オーバーウォッチ 2』の PvE ストーリーミッションの開発がブリザード幹部によって保留されていると報じられている

『オーバーウォッチ 2』の PvE ストーリーミッションの開発がブリザード幹部によって保留されていると報じられている

デクラン・マクラフリン

伝えられるところによると、ブリザード幹部は、オーバーウォッチ 2 モードが放棄され、プレイヤー層に合わなかったようであるため、PvE とストーリーミッションの開発を中止したと伝えられています。

Activision の Overwatch 2 に対する最初の売り込みは、ストーリー ミッションを備えた PvE モードを追加して、単なるマルチプレイヤー FPS だった最初のバージョン以上のものとしてゲームを構築することでした。

しかし、Activisionはその後ヒーローモードをキャンセルし、タイトルのストーリーミッションを3つだけリリースしました。 ファンは初期のストーリーミッションにもあまり反応しておらず、この時点でこのモードは放棄されたようです。

A の MOD に取り組んでいた以前の開発者は次のように述べています。 Kotakuによるレポート 彼らは、タスクがキャンセルされたり、開発中に上層部や幹部が邪魔をしたりするのではないかと懸念しています。

オーバーウォッチ 2 のストーリー ミッションが幹部によって保留されている

インタビューしたある開発者によると、計画では、18 か月ごとに約 3 つのミッションのペースで、複数のストーリー ミッションを数年間リリースする予定でした。

ある情報筋によると、ブリザードの幹部や指導部は、ストーリーミッションに取り組む開発者に対し、ストーリーミッションの作成と完成をさらに遅らせるために「ブリザードの品質」があるかどうかを尋ね続けたという。

オーバーウォッチ 2 PvE で AI の敵を攻撃するプレイヤー。

」[Blizzard Quality] 「それは基本的に、同じ仕事を永遠に何度もやり直すことに腹を立てるための言い訳だ」と情報筋は語った。 「幹部の中には『わかったけど、ブリザードと同じくらい良いのか?』と言う人もいます。リーダーやゲームディレクターはいつも、余分な時間を費やす必要があると判断します。正直に言って、彼らが何らかの決断を下すことができていたら、ゲームはこうなっていたでしょう」何年も前にリリースされました。

Blizzardのタイトルのストーリーミッションの文言には他にも問題がありました。

「オーバーウォッチの PvP ゲームプレイは、PvE に適応するのが非常に難しいことが判明しました。「主に、ヒーロー プールがどれほど異なっていて PvP 指向であるためです」と、ある関係者は Kotaku に語った。

報告書によると、一部のストーリーミッションは完了したが、キャンペーン全体はまだリリースの準備ができていない可能性があるという。

その後、Activision Blizzard は Microsoft に買収され、一連の一時解雇が行われ、『Overwatch 2』の従業員の一部は淘汰中に解雇されました。

報告書で引用されているある関係者は、「ビジネスの観点からは」両社ともオーバーウォッチ 2 の PvE モードや要素に自信を持っていないと述べた。Activision と Microsoft は、この報告書執筆時点でこの報告書に返答していない。

READ  PSPlusPremiumの試用要件は出版社と開発者にとって困惑しています