Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

『ガンダムSEED フリーダム』が国内興行収入10億円を突破

『ガンダムSEED フリーダム』が国内興行収入10億円を突破

画像提供:スツとサンライズ

日の出 と発表した 機動戦士ガンダムSEED フリーダム 日本では公開後3日間で興行収入が10億円を突破した。 2024年1月26日から2024年1月28日まで全国353館で上映され、延べ63万4,182人が観賞した。同スタジオが記録した興行収入は10億6,598万3,130円(約720万4,050ドル)となった。

サンライズは興行収入の発表に合わせて新しい予告編も投稿した。 See-Sawの新曲「悲しみのロマンティクス」を収録。 YouTube バージョンは日本のみに地域制限されていますが、予告編は X 経由で世界中で簡単に視聴できます。

サンライズはプレスリリースでも次のように述べています。 種子の自由 ~の間に新記録を樹立しました ガンダム 億円達成映画。 過去の主な映画 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイは2021年に公開され、興行収入も10億円を超えたが、チケット販売数50万1,706枚というマイルストーンに到達するまでに10日を要した。 これは、別世界のタイトル『コズミック・エラ』が、時間とチケットの枚数の点で宇宙世紀の作品を上回ったことを意味します。

サンライズとバンダイも展示会を開催し、新作映画のプロモーションに役立つグッズを発売した。 サンライズが商品横断ペアリングをリリース ガンダムSEED ハローキティなどのサンリオキャラクターを持っている人。 一方、バンダイスピリッツは、S.H.Figuartsのアクションフィギュア「キラ・ヤマト」と「ラクス・クライン」の予約を開始した。

機動戦士ガンダムSEED フリーダム 全国の映画館でご覧いただけます。

READ  日本の北野がイタリア映画祭で生涯功労賞を受賞