Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

『ボルテスV:レガシー』日本語吹き替え版が発売決定

『ボルテスV:レガシー』日本語吹き替え版が発売決定

左上から時計回りに:ミゲル・タンフェリックス、マット・ロサーノ、ラファエル・ランディシオ、ラディソン・フローレス、イザベル・オルテガが日本の人気アニメシリーズの実写版のヘッドライナーとしてスティーブ、ロバート、リトル・ジョン、マーク・ゴードン、ジミーのキャラクターを演じている。 ロビンソン真っ直ぐ。

GMAネットワーク

フィリピン、マニラ – 映画版「ボルテス V: レガシー」がまもなく日本語吹き替えで海外で放送されると、マーク・レイエス V 監督が語った。

前述の実写シリーズ/映画の監督と主演であるラドソン・フローレスとマット・ロサノは、木曜日にシャングリラ・プラザ・モールで開催された2024年日本映画祭のオープニングレセプションに出席した。

Telesuccess Productions の会長兼 CEO であるラリー・チャンと GMA-7 がタッグを組んだ「ボルテス V: レガシー」は、先週木曜日のオープニングレセプションで、フィリピンにおける日本の大衆文化の促進における功績を讃え、駐フィリピン日本大使の越川和彦氏から賞賛を受けました。 。

「これは、ご存知のとおり、今でも私たちが高く評価されていることを証明しています…私たちはフィリピン人を超えて、特に日本人から高く評価されています。彼らは映画版、つまり設定されている映画体験を見て非常に興奮しています。」日本では日本語で放送されます。 これは現在取り組んでいます。 これはエキサイティングだ」とレイエス氏は木曜日、一部のメディアに明らかにした。

フィルスター.com 監督との独占インタビューでレイエスからさらに詳しい話を聞くことができた。

「映画、そしてシリーズの日本語版が公開される予定です。現在はテレサクセスがこれを主導しています。シリーズと映画にはいくつかの改善が加えられるでしょう…」より良いカッティング、カラーグレーディングを行っています。 「すべては改善されるでしょう。」

日本語吹き替え版の公開時期については、フィリピンにおける『ボルテスV』のライセンス保有者であるテレサクセス・プロダクションズ社が決定するため、同監督は明言しなかった。

映画版は、シャングリラプラザモールで2月11日まで開催される今年の日本映画祭に参加中の作品のひとつ。 その後、映画はマニラ、セブ、バギオ、ダバオで3月2日まで上映される。

関連している: Voltes V: Legacy 映画レビュー: マーベル、DC に匹敵するフィリピン映画がついに登場

READ  九尾の狐の精霊が含まれていると言われる日本の「殺生石」は、2つの部分に分かれています-KION546