Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

あなたはあなたが素晴らしいダットサン280Zが欲しいことを知っています


ダットサン280Zは、おそらくこれまでに製造された中で最も美しい日本のスポーツカーの1つであり、クラシックに費やす予算が約5万ユーロ(約6万ドル)の場合は、これが適している可能性があります。

この280Zは、もともと1976年にカリフォルニアで納入されましたが、現在はオランダにあります。 リストには、車がヨーロッパに輸入された時期は記載されていませんが、車が元の状態に戻すために包括的な修復プロセスを経たことが記載されています。

参照:240Zは、値が急速に上昇している日本のスポーツカーです

塗装は小さな修理が必要な部分で改善されており、車はボディワークの他の部分と同じメタリックブラウンの色合いでスプレーされた拡大されたフロントウィングとリアウィングも備えています。 車の魅力に加えて、黒いホイールアーチエクステンションとクロームメッキフランジ付きのゴールドホイールがあります。

車に他のいくつかの変更が加えられました。 たとえば、車高を下げ、新しい剛性の高いブッシングを備えたBCレーシングコイルのセットに取り付けられるようになりました。

280Zのキャビンには、再トリミングされた黒いビニール、3本スポークのステアリングホイール、および木製のギアシフトノブがありました。

売り手、 アルデリングギャラリーそして、彼は、後輪を駆動する5速マニュアルトランスミッションとペアになった168馬力の2.8リッター直列6気筒で、車はまだ優れた走行状態にあると付け加えています。 その時代にもかかわらず、車は時計で31,961キロメートル(19,859マイル)を持ち、47,950ユーロ(57,249ドル)の提示価格を持っています。

その他の写真…



READ  韓国のIOCメンバーであるリオがCOVID-19の検査で陽性