Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

あなたは幸せです、そしてあなたの上司はセンサーがそう言うのでこれを知っています:朝日新聞

理想的な従業員:幸せなので、生産性が向上します。 しかし、マネージャーは従業員が本当に幸せかどうかをどうやって知るのでしょうか?

彼はすべてが動いていると言います ハピネスプラネット株式会社の矢野和夫それが言うウェアラブルセンサーは、従業員の体の動きを監視することによって幸福を評価します。

矢野は、日立製作所で働いているときに、加速度センサーを使用して人々の幸せレベルを測定するというアイデアを思いつきました。

矢野らは「人は幸せなときに同じように体を動かし、客観的に測定できる」という考えのもと、生活の質を数値でランク付けするサービスを開始し、事業を通じて企業に紹介し始めました。 。

矢野氏は、個人や団体の幸福度が高いほど、「生産性の向上」や「離職率の低下」など、企業に明らかなプラスの影響をもたらすと予測し、その基準が企業や組織の円滑な運営を促進すると考えています。

“私経営管理では、効率を上げることが優先事項だ」と語った。 しかし、企業は感情を持った人間によって率いられています。 幸福の指標が経営に使われることで、新たな価値を創造していきます。」

一方、プラネット・オブ・ハピネスの矢野らは「幸福は定義できない」と結論付けた。 何万人もの人々のデータをふるいにかけることに何年も費やした後、R。エンジニアは、「今週最も幸せだったのはいつですか」などの質問に対するセンサーユーザーからの応答を大まかに予測することができました。 そして、何日にあなたは孤独を感じましたか? 加速度センサーで収集された情報に基づいています。

矢野は、幸福を評価する方法を見つけるために彼を道に導いた中年の従業員としての彼の潜在的な疎外を認めています。

2002年の秋、彼は日立で苦痛な決断を迫られました。 同社の半導体チップ研究開発部門の責任者として、彼は50人の部下に、新しい会社にとどまるか辞めるかを選択するように依頼しなければなりませんでした。

景気後退をきっかけに、日立製作所と三菱電機はルネサステクノロジー株式会社は、半年後の半導体事業を基盤としています。 矢野は留まるか去るかの間に引き裂かれた。

経営陣の半数以上がルネサステクノロジーに異動しましたが、矢野氏は半導体部門を持たなくなった日立に固執することを決意しました。

矢野は当時40代で事務職員として働いていました。

「引退するには時期尚早だと感じたが、新たな取り組みを始めるには遅すぎた」と矢野氏は語った。 「私はとどまるしかありませんでした。」

1984年に日立に入社して以来、矢野は半導体に専念してきました。

1980年代には日本製の技術が世界を席巻しましたが、日本企業の競争力は徐々に衰えてきました。 このような状況に対応するため、半導体分野における日本企業の専門知識を活かしたルネサスブランドを導入しました。

矢野氏は、雇用主が市場から撤退することを決定したことに怒りと後悔を表明し、「私たちの技術にまだ自信があるので、なぜあきらめたのか疑問に思いました」と述べた。

矢野は引き続き日立で働き、残りの約10人のエンジニアと会談した。 彼らは全員、元の研究課題を奪われ、社内で「主流から外れた何か」と考えていました。

すぐに、携帯電話の使用が爆発的に増加しました。 人々の生活はコンピューターとより絡み合い、デジタルデータは分析においてはるかに大きな役割を果たし始めました。

これが起こったことを考えると、矢野らは「消費者データはいつか資産になる」という先見の明を持っていた。

彼らは自分たちをテストに使用しました。エンジニアは首に加速度センサーを装着して動きを検出し、日常の動きをコンピューター化された情報に変換できるようにしました。

測定は10秒間隔で実行されました。 それらがスタックしたとき、「0」が記録されました。 数字の「1」は、彼らが動いていたことを意味します。 データは0から1の順に表示されます。

エンジニアは、一般的な人間の習慣を2進数のパターンで表現できると想定し、企業や学校と協力して、データと他の種類の情報との関連を調べました。

矢野らは自分たちのアイデアを商業的な現実に変えることを提案したが、彼らの提案は15年間拒否された。 彼らはそれを知る前に、合計1,000万日間集まった何万人もの人々のデータを収集していました。

矢野さんの幸せは、10年半前にプロジェクトを始めてから増え続けています。

日立製作所は、2020年7月に「幸福スコアを測定し、ビジネスプロセスを改善するサービスを提供できるようにする」ために、従業員10人程度の新会社「ハピネスプラネット」を設立しました。 矢野は日立に滞在することを決心してから約18年後に社長に就任した。

READ  ミャンマーで不安が高まる中、日本企業はビジネスへの影響を懸念