Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ある視点部門の苦い日本語タイトル「プラン75」が海外で販売されている

ある視点部門で初演された早川千恵監督の日本のディストピアドラマ「プラン75」は、アーバンセールスによってさまざまな地域に販売されました。

この映画は日本を舞台にしており、近い将来、プラン75と呼ばれる政府のプログラムが、社会の老化を治すために高齢者を自発的に殺すことを奨励しています。 この映画は、自立して生活することができない年配の女性、実用的な75プランのセールスマン、そして若いフィリピン人介護者の物語を織り交ぜています。 「プラン75」は、倍賞千恵子(「ハウルの動く城」)や磯村勇人などが主演。

アーバンセールスは、イタリア(Tucker Film)、中国(Dddream)、ベネルクス(September Films)、台湾(Sky Digi)、シンガポール(Lighthouse Film Distribution)の有望なプレミア上映契約を結びました。

ハベットは6月中旬に日本語版の「プラン75」を扱う予定です。 Eurozoomは、秋にフランスで配布されます。 「Plan75」は、Loaded Films、Urban Factory、Happinate Phantom Studios、Dongo Club、Fuse、WowWowによって制作されました。

早川は以前、カンヌ映画祭のシネファウンデーション、学生短編映画コンクールで彼の短編映画「ナイアガラ」を上映しました。 ある視点部門でのプレイに加えて、「プラン75」は、カンヌのカメラドールを争うスペシャルの1つでもあります。

アーバンセールスの名簿には、環境にやさしい映画「ハグミー-ザムービー」とホセミゲルリベイロの壮大な冒険「ナヨラ」、ギヨームジョワの「アモーレミオ」、ヒシャムアユチの政治的寓話「アブデリニョ」の2つのアニメーション機能も含まれていますフォジ・ベン・サーディ「デザート」、そしてホルタン・ホルバスの政治志向のアニメーション映画「赤い森」のフアン・ホセ・ロザノ。

READ  「人間の条件」レビュー:日本の壮大なHD