Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

いいものは手に入らない! 日本は観光客とポイ捨て防止のため、富士山登山に新たなルールを課した

いいものは手に入らない! 日本は観光客とポイ捨て防止のため、富士山登山に新たなルールを課した

日本で最も人気のあるルートの一つである富士山に登りたい人は、今すぐ予約してお金を支払わなければなりません。絵のように美しい成層火山は、過剰な観光客、ゴミのポイ捨て、性急な「弾丸登山」による命の危険に悩まされているからです。 。

山梨県は月曜、日本のフォーリンプレスセンターを通じた声明で、山梨県側にある標高3,776メートル(約1万2,300フィート)の吉田峠の登山者を対象に、7月1日から9月10日までの登山シーズンに向けた新たな規則を導入した。 -) この高い山は 2013 年にユネスコの世界文化遺産に指定されました。

このルートに入ることができる登山者は 1 日あたり 4,000 人だけです。 3,000 枠は 2,000 円(約 18 ドル)の手数料でオンライン予約が可能で、残りの 1,000 枠は乗車当日に直接予約できます。

登山者は、環境省と富士山の本拠地である山梨県と静岡県が共同で運営する富士山登山公式ウェブサイトから予約することができます。

富士山は10合目に分かれており、中腹には「五合目」が4つあり、そこから山頂まで吉田、富士宮、須走、小天場という4つの登山道が始まります。

新しい制度では、登山者は日帰り登山か宿泊のどちらかを選択する必要がある。 情報と乗車日を入力すると、ステーション 5 でスキャンする QR コードが渡されます。 当局者らによると、一晩小屋を予約しなかった人は下山され、午後4時から午前3時までは登山が禁止されるが、これは主に十分な休息をとらずに山頂に急ぐ登山者を防ぐためで、安全上の懸念が高まっている。

山梨県知事の長崎幸太郎氏は声明で、富士山の保護に対する国民の理解と協力に感謝した。

富士山の南西に位置し、登山者も入山できる静岡県は、2014年から登山者1人当たり1,000円(6.4ドル)のボランティア料金を徴収しており、観光と環境保護のバランスをとるさらなる方法を検討している。

環境省によると、2023年シーズンの富士山登山者数は延べ22万1322人。

富士山を背景に写真を撮ろうと観光客が殺到する中、静岡市が富士山の眺望を遮るため歩道に巨大な黒いカーテンを設置すると発表した。 メディアイベント「Mt.」 富士ローソンでは、地域の皆様にご迷惑をおかけし、営業や道路交通にも支障をきたしております。

新型コロナウイルスのパンデミックによる制限解除以降、円安を追い風に外国人観光客が日本に押し寄せているため、京都や鎌倉など他の人気観光地でもオーバーツーリズムの問​​題が深刻化している。

日本政府観光局によると、昨年の日本への訪問者数は2500万人を超え、2024年にはその数は3200万人近くを超え、2019年以来の記録となる見通しだ。

READ  長い間記録された日本海域への侵入の後、中国の船が出発する