Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

うさぎ漢字と命名し、JRはうさぎ年に向けて計画を進めています

田野筋地区まちづくり委員会 稲わらうさぎ 12月 2022年12月12日、愛媛県瀬尾市のJR宇野町駅でうさぎ提灯が飾られているのが目撃されました。 (毎日/小田博之)

12月 2022年12月12日、愛媛県瀬尾市のJR宇野町駅に設置されたウサギの形をした木製の投票板。 (毎日/太田博之)

駅名に「うさぎ」の漢字が含まれている日本で唯一の駅が、2023年の干支の卯年にちなんで装飾を強化している。

愛媛県西予市のJR鵜ノ町駅に展示されていた、来年の願い事が書けるうさぎ型の木製投票札が1枚900円で販売された。 駅に隣接する市役所うるりやん内。

施設を運営する西洋まちづくりサービスは、駅舎がリニューアルオープンした11月5日、住民を含むプロジェクト実行委員会の提案を受けてプロジェクトを立ち上げた。 12 月 14 日現在、約 100 台のテーブルが、子供たちが参加するワークショップで販売または無料で配布されました。 多くの人が新しい駅に来るかもしれません」とタブレットは読みました。 2023年以降もウサギ型錠剤の供給を継続する。

12月地元の観光協会は10日、駅構内でうさぎの絵が描かれた大小23個の提灯に火をつけた。 協会は、2023 年 12 月までショーを継続する予定です。 また、市のタノスジ地区コミュニティ計画委員会は、ラシを開発しています。 2018年からは、稲わらで作った生き物アートで、高さ1.6メートルのうさぎが登場。 2023年1月末までに2体のわら人形を駅に設置する予定です。

【太田博之】 マイニュース

READ  日本の宇野は羽生の不在のためにNHK杯をリードしています