Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

おそらく軽石のせいで、沖縄で魚が死んでしまった

日本南西部の沖縄の港近くの魚小屋で200匹以上の魚が死んだ。 地元の漁業協同組合は、サバが1,000キロ離れた海底の火山噴火から軽石の破片を飲み込んだと信じています。

国頭村の漁業協同組合は、沖縄本島の北にあるヘンドナの漁港の近くで約300匹の魚が死んでいるのが発見されたと言います。 魚は東京に出荷されました。

協同組合当局者は、8月のオカサバラ島チェーン近くの噴火で形成された軽石の魚かごに到達したと言います。 魚の中に軽石の小片が見つかったそうです。 彼らは、ゴミが食べ物だと誤って思ったために魚が死んだのではないかと疑っています。

協同組合のリーダーである村田義久氏は、漁業活動を1週間中断していたと語った。 彼はまた、最近の開発のために、囲いに入れられた魚は彼らによって送られることができなかったと言いました。

噴火は8月13日に発生し、2つの島を形成しました。 研究者たちは、1914年の桜島の噴火以来、日本で2番目に大きな火山の噴火であると言います。

軽石海岸は、日本の南西部の島々の噴火から遮断されました。 海上保安庁の巡視艇は、軽石が船の運航を妨害したため、土曜日に沖縄本島で立ち往生した。

READ  日本は、中国からの「強制」に抵抗することで米国を支援することを誓う