Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

お母さん、中部地方の土砂崩れで2人の子供が大雨になっています

国の多くの地域で大雨が続いたため、母親と2人の子供が殺され、他の2人が負傷した。

午前5時30分にオハイオ州長野県を巡視している消防士が泥砂で満たされた家を見つけて救急隊を呼び、2階に人が閉じ込められました。 地元の消防署によると、当時自宅にいた8人のうち5人が病院に運ばれたという。

2021年8月15日に撮影された写真は、長野県オハイオ州で地滑りの影響を受けた家を示しています。 (京都)

市当局によると、後に死亡が確認されたトリオは、マキブッチユキさん(41歳)とその息子のハルキさん(12歳)、ナオキさん(7歳)で、大きな兆候は見られなかった。

別の10代の少年と40歳の男性は、土砂が家の後ろの丘から2階に落ちたため、軽傷を負って病院に運ばれました。

同市によると、同日の午前6時に避難指示が出される直前に土砂崩れが発生した。 2006年、市内の別の場所で発生した地滑りにより8人が死亡しました。

本州の近くにフロントエリアがあるため、東日本全域で雨が降り続いています。

地方自治体は、6つの州の約83万世帯の約183万人を含む最高レベルの警告を発しており、消防庁は、彼らの安全を確保するための措置を講じるべきであると述べた。


関連する報道:

日本の九州での大雨は洪水と病院の隔離を引き起こしました


READ  日本の価格タグは、4月1日からの消費税を含む最終価格を示す必要があります