Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

かつて1位だった日本は、アメリカ留学でベトナムと韓国に抜擢されました。

東京-主に米国の高等教育の高額な費用のために、留学する日本の大学生の数は過去20年間で急落しました。

日本は、中国、インド、韓国、ベトナムからの学生よりも日本人学生が少なくなっているため、米国で学ぶ留学生の本拠地ではなくなりました。

COVID-19の流行が下降サイクルを加速させる恐れがあるため、日本の当局はこの傾向を逆転させています。 柿田浩一文部大臣は、Govt-19ワクチンの接種を受ける大学を推薦することで、留学中の学生を支援する予定です。

「夏に海外に行く学生がその機会を逃さないように予防接種を進歩させたい」と柿田氏は7月13日に記者団に語った。

政府の教育改革評議会は6月に、学生の転校プログラムを維持および再開する取り組みを支援するための勧告を発表しました。 パネルは、流行が留学中の学生にどのように影響するかを検討することが重要であると述べました。

この新たな焦点を刺激することは、コロナウイルス危機の真っ只中に日本の留学生の数が減少するのを防ぐための切迫感です。 そうでなければ、国は文化的経験を持つ言語的に熟練したグローバルな才能の適切なセットを擁護する危険にさらされています。

一見、日本では留学する学生が増えているようです。 日本学生支援機構によると、2019年度の日本人の留学数は107,000人で、全体の2倍に相当します。

ただし、これらの数値には短期交換プランの数値が含まれています。 2019年度は、留学中の日本人の3分の2が1ヶ月以内に対象国に滞在しました。 そのような短い期間は、言語スキルを習得したり、文化交流に従事する機会を制限します。

経済協力開発機構は、留学生を外国の教育機関に在籍していると定義しています。 文部科学省によると、このポジションは一般的に2年以上海外で過ごす学生に適用されます。

このOECDの定義によると、2018年に58,700人の日本人学生が海外に入学し、2004年のピークから約30%減少し、合計で80,000人を超えました。

札幌大学教授で北海道日米協会副会長の三田井正二氏によると、減少の一部は日本にあるという。

「日本は意図的になり、英語の教師や若者を海外に派遣する全国的な取り組みはありませんでした」と三田井氏は語った。

この変更は過去25年間に発生しました。 日米教育委員会によると、1994年から1997年の間に、米国で学ぶ留学生は他のどの国や地域よりも多く日本から来ました。 しかし、2019年と2020年には、日本は中国、インド、韓国、ベトナム、台湾に次ぐ8位に落ち込みました。

東京の明治大学の小林旭准教授は、その変化の経済的理由、すなわちアメリカの大学での教育の年々の増加を指摘して、学校の海外留学プログラムに取り組んでいます。

小林氏は、「比較的低コストの州立大学では、生活費を含めた費用が年間600万円から700万円(54,900ドルから64,100ドル)に上昇している」と語った。 「それはほぼ半年前のことです。」

さらに悪いことに、日本は可処分所得で7つの経済圏のグループの中で最後にランクされています。 OECDのデータによると、2017年の日本の一人当たりの家計支出収入はわずか29,000ドルでしたが、米国では約50,000ドルでした。

その一部として、日本政府は、2022年までにOECDによって定義されているように、留学する学生の数を2倍にすることが期待されています。

「グローバルな人材を増やしたいのであれば、企業がコストを負担しなければなりません」と小林氏は語った。 「海外留学支援体制を大幅に改善する官民基金を設立する必要がある」と語った。

日本の習慣は別の課題です。 通常、企業は毎年春に同じ構成員で新しい労働者を雇います。 日本の大学生は、インターンシップや就職説明会への訪問など、有給のステータスを取得したいと考えています。

海外で日本語を学び、エントリーレベルの就職活動は、3年生と4年生の学部課程と重複しています。 また、日本の新入社員のほとんどは4月に就職しますが、アメリカの学校は通常5月または6月に卒業式を行います。

このジレンマに対処する計画は、日本の大学の学年の秋に開始する必要があります。 昨年、安倍晋三前首相が率いる政府は、政府が主導した学校閉鎖によって失われた時間を埋め合わせるために、4月ではなく最初から9月の学生の開始日を簡単に検討した。

与党の自由党は、「国民の合意」に必要な時間を理由に、最終的に計画を放棄した。 議事録のレビューこの秋の9月の初めを支持する報告はありません。

実際、教育再編評議会は、4月から9月まで学年度の開始を統一すべきではないと述べ、代わりに、カレンダーの変更によって学校の多様性と柔軟性が可能になると主張しました。

日本の経済界が秋と通年の雇用で徐々に進歩している間、この方向に動くことが最終的に海外留学の数を増やすかどうかはまだ分からない。

READ  オリンピック選手は高度な隔離に直面しており、デルタの多様性と戦っている国から旅行する場合は日本でテストされています