Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

がんは15年間再発しない

がんは常に「言われるだけで怖い」病気です。 しかし、彼は腎臓病と診断されたので、彼は日本人の医者です。 彼は自分の人生について考え始めました。 生活習慣を改め、術後15年間再発を認めていません。

岐阜県のふなとクリニックの院長であるふなとたかしさんは、2007年に腎臓がんと診断されました。手術後、彼は自分の生活習慣について考え始めました。 彼は自分のライフスタイルを、食事、睡眠、運動、体温、笑いの 5 つのカテゴリーに分類しました。 それから彼は自分の人生がすでに悪化していることに気づきました。

1.ダイエット

タカシは、癌になる前は、彼の食事はとても不健康だったと言いました。 彼は胃を満たすためにインスタントラーメンをよく使い、ファーストフードやスナックには制限がありませんでした. 彼は自分のダイエットの最大の過ちは「ダイエットに注意を払わないこと」と「がんにならないだろうと思っていること」だと考えています.

手術後、最も重要なことは「癌のような糖」成分を制限することであるとタカシは信じています. 彼は乱雑な食習慣を変え、季節に合わせてより多くの地元の食べ物を食べ、最大 80% 満腹になるように努め、赤身肉の摂取を減らし、無添加の食材を食べ、農薬の使用を減らし、毎日時間通りに食事をし、適切に断食しました。.

2.十分な睡眠

タカシは、睡眠はがん治療の重要な鍵の 1 つだと考えています。 外科医だった頃は病院に呼び出され、睡眠は完全に不安定だった。 病院の外科医として、この慣行はかなり一般的でした。 だから彼はそれを当然のことと思っていた。

しかし、睡眠は自然治癒力です。 がん細胞を排除するリンパ球は、主に夜間に支配的な副交感神経によって栄養を与えられます。

睡眠時間が短く、副交感神経の活動時間が短いと、リンパ球ががん細胞を退治する時間が短くなります。 したがって、がん患者は午後 10 時に就寝し、午前 6 時に起床し、少なくとも 6 時間は睡眠を取り、真夜中 12 時以降は絶対に就寝しないことを推奨しています。

3. エクササイズ

タカシさんは手術後、毎日少なくとも 3,000 歩は歩きます。 患者さんと相談するときは車を駐車して、目的地まで歩いていきます。

がん患者は、できるだけ多く歩き、筋肉を鍛えることが推奨されています。 運動中は体温が上がり、リンパ球が活性化するので、筋肉を動かして体温を上げることで免疫力を高めます。

さらに、運動は体により多くの酸素を供給し、がん細胞の増殖を防ぐことができます. また、運動によって筋肉が糖分を消費し、がん細胞への栄養素の供給が減少する可能性があります。 したがって、この演習は一石三鳥と言えます。

4. 体温

タカシは、体温を上げると健康になると信じています。ガンは低温を好むからです。 彼は患者に頻繁にシャワーを浴びるようにアドバイスしており、週に1、2回行っています。 また、特に冬場は腹部や下半身の保温にも気を配っている。

彼は、体温が高くなると免疫細胞の活動が増加し、細胞を修復する細胞内の熱ショックタンパク質の数も増加することに注目しました.

5.笑う

タカシはまた、がん患者が幸せでいるため、もっと笑うようにアドバイスしています。 自然に笑えなくても、わざと笑っているはずです。 深呼吸して微笑んでみてください。 心の中がもっと楽になります。 この原則は、ストレスを軽減する鍵であるため、日常生活に適用できます。

さらに、鏡の前で微笑んだり、他の人が笑っているときに笑ったり、その周りに笑いが広がったりすると、笑いと同じ効果が得られます。

従う

エレイン・ワン

従う

エレイン・ワンは、2007 年からエポック タイムズ日本版で働いています。

READ  クレイトンバー:土地を上げる| 私たちの医療従事者と医療ネットワークは真のヒーローです| 広告主-Cesnook