Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

このソーシャルロボットは葬儀の裁判に墜落します。 それから彼女の日本人のマスターはコショウを「解放」しました

日生は、日本の葬儀にソーシャルロボットのペッパーを使いたいと考えていました。 ソフトバンクグループが作成したロボットは、死者が実践している宗教に応じて、仏典や経典を唱えるようにプログラムされています。 コショウも仏教の聖職者に扮した。

しかし、人間のコショウはトレーニングセッション中にクラッシュし続けました。 日生のチームは、ペッパーが葬儀の最中に行動できないのではないかと心配していました。 ネッシーはリースを終了し、ビーバーを解任した。

日本は、ナーシングホームでの混乱を含む、ペッパーによる多くの不満を見てきました。

人間が人間の脳を持っていないことにユーザーが失望したとき、彼らはビーバーがすぐに別れを告げたと感じました。

ソフトバンクは2020年にペッパーの生産を停止し、必要なときに生産できると述べた、とحسبماは報告している BBC

フランスのロボット工学会社Aldebaran(現在のSoftBank Robotics)は、2014年6月に最初のヒューマノイドロボット(高さ4フィート、重さ約28 kg)としてPepperを発表し、1年後に発売しました。

同社によれば、ソーシャルロボットのPepperは、タッチスクリーンを介して顔を認識し、感情を読み、人々と対話し、会話をすることができます。 コショウは歌ったり、踊ったり、1つか2つのトリックを実行したりできます。 コショウは家や公共の場所でコンパニオンとして使用することができます。

同社によれば、27,000個のピーマンが製造され、世界中の2,000社以上で採用されています。

2018年、Pepperは、ニューヨークのHSBC支店でカスタマーエンゲージメントのためのカスタマーサービスに従事しました。

2018年、Pepperは、教室での人工知能(AI)の使用に関する英国の国会議員からの質問に回答しました。

Pepperは、英国の介護施設でコンパニオンロボットとしてテストされており、自閉症の学校の生徒を支援してきました。 多くのオフィスで受付係として使用され、モントリオールの空港で旅行者を歓迎しました。

2020年7月、Pepperは、野球の試合でファンとして使用されたロボットのグループの一部でした。 しかし、ファンはビーバーが彼らに「怖い感じ」を与えたと表現しました。

Pepperの当初の販売価格は1,790ドルでしたが、後に月額360ドルのレンタルでプランが提供されました。

一部の専門家は、実際のロボット研究とAI機能の誤った印象を生み出したと感じたため、Pepperを一時停止するというソフトバンクの決定を歓迎しました。

(によって編集: Ajay Vaishnav

READ  パキスタンが観光を再開し、中国がセルビアにショットを送る:ウイルスの最新情報