Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

このドキュメンタリーは、1990年代の日本の奇妙なリアリティ番組の背後にいる男に焦点を当てています

このドキュメンタリーは、1990年代の日本の奇妙なリアリティ番組の背後にいる男に焦点を当てています

東京 – ボサボサの髪をした裸のひ弱な男性が、何か月も続く狭い部屋での孤立に耐える自分自身を撮影する。

カナダのナショナル・ポスト紙は、テトリーのドキュメンタリーの批評の中で、ジム・キャリー主演の1998年のアメリカ映画にちなんで、このテレビ番組を「トゥルーマン・ショーとオールドボーイ」と評し、知らず知らずのうちにテレビ番組に出演する男性の人生をリアルに描いた。 『プライベート ライフ』と、投獄された男性を描いた 2003 年のカンヌ賞を受賞した韓国映画です。

英国の映画監督テトリーさんは、リアリティ番組を知り、これまで誰も自分の側の話をしていなかったと感じたため、ナソビさんに連絡を取ったと語った。

「彼らはちょっと軽蔑的で、少し侮辱的だとさえ感じました。ほら、このクレイジーな日本人たちを見てください。そして私はナスビの話を本当に知りたかったのです。彼に何が起こったのかを本当に知りたかったのです。」と彼女は語った。彼女はAP通信との最近のインタビューで、なぜ彼はそこに留まったのか、と語った。

彼女のドキュメンタリーが単なる笑いのための風刺以上のものになっているのは、ハマツの母親、妹、友人に対するテトリーのインタビューであり、彼らは番組が展開するにつれて怒り、悲しみ、誇り、その他のさまざまな感情が入り混じった感情を表現している。 プライムタイムヒット。 彼らは、彼のヌードを含め、彼が暴露されたことを残念に思ったと述べた。

この映画では、ハマツさんの幼少期にあごが長いためにいじめられた経験や、自分を守るために笑いに転じた経緯も描かれている。

ハマツさんは、ショーで一番つらかったのは孤独だったと語るが、1年3カ月間服も着ず、食べ物もほとんど食べられなかったということも影響したという。 このコメディアンは、ニューヨークでのドキュメンタリーの上映中にスタンディングオベーションを受けたとき、感動して涙を流した。

「ドキュメンタリーを通じてポジティブなメッセージを伝えることができたと感じています」と彼は語った。

『ザ・レーサー』は、社会がエンターテイメントの分野でどこまでいけるのか、そしてそれがもたらす大勢の観客とお金について、深刻な疑問を投げかけている。

番組プロデューサーはドキュメンタリーの中で、ただ「瞬間を捉えたい」だけだと述べ、番組制作については何らの躊躇もなかったと述べた。

私たちは皆、ある程度、こうした物語に加担していると思います。 これは知っておくべきことだと思います。 一歩下がってこれらすべてを見て、「ああ、このプロデューサーたちが何をしたかを見てみよう」と考えるのは非常に簡単です。 「しかし、ご存知のとおり、私たち視聴者はある程度の責任を負う必要があります」とテトリー氏は語った。

この映画は、人間関係、困難、または単なる無意味感など、さまざまな方法で閉じ込められたさまざまな感情を探求しています。

ハマツ氏は日本の東北部にある福島県出身で、2011年3月にマグニチュード9.0の地震に続いて巨大な津波が発生し海岸を壊滅させ、チェルノブイリ以来世界最悪の原子力災害を引き起こした三重災害に見舞われた。

現在も俳優として活動する濱津さんは、福島の復興と地域への意識の向上にも尽力している。

「福島の人たちが頑張っていることをみんなに知ってもらいたい」と語った。

「立ち入り禁止区域の生活が少しずつ戻りつつあります。もちろん、廃炉への道のりはまだまだ長い戦いであることは承知していますが、福島の今を知っていただき、福島を訪れて希望を感じていただきたいと思っています。福島の復興を目の当たりにして。」

ドキュメンタリーの最後にはある種の証拠として、ハマツは登山家となりエベレストを制覇し、その偉業を福島に捧げた。

同氏は、ハマツ氏はもうテレビにあまり出演していないため、25年前の人気番組がハマツ氏の全盛期だったと多くの人が信じていると述べた。

「しかし、それはまったく逆です。それは私の人生の最低点でした。私はそれを克服しました。今では、やりたいことを自由に行うことができます。」

___

影山優里はXにいます https://twitter.com/yurikageyama

READ  フランスの団体が外国映画配給会社を表彰