Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

この日本のグループはサウジアラビアでデビューしました

JAM Projectは、サウジアラビアでデビューしたばかりの彼らが歴史を作り、そこで演奏する最初の日本のグループになりました。 パーティーは金曜日にジェッダのシティウォークのアニメビレッジエリアで開催されました。バンドは「ガルボ」や「サイボーグ009」などの人気アニメシリーズのテーマ曲を歌うことで主に知られている「アニメーション音楽の一種」です。ユギオ!」 とりわけ「OnePynchMan」。

ジェッダでの最初のショーで、JAM Projectは、Crush Gearの「CrushGearFight!」など、さまざまな愛されているアニメ曲を演奏しました。 ワンピースの「WeAre」と「Cha-laHeadCha-la」(ドラゴンボールZ)。

サウジアラビアのファンは、自分たちの好きな種類の音楽が母国でライブで演奏されるのを見る体験は、彼らにとって「夢が叶った」と感じました。 アニメヴィレッジには何百人もの人々が集まり、JAMは「日本のアニメメーカー」の略で、7月19日にグループが結成されました。10番目 2000年、日本の有名な歌の芸術家、水木一郎による。 バンドは、署名曲を演奏するために集まったソロ歌手で構成されています。

コンサート終了後、バンドメンバーのママスミー・オコエがツイッターでファンとスナップショットを共有し、「サウジアラビアの皆さん、現地スタッフ、日本人スタッフ、そして日本から応援してくれた皆さん」に感謝の言葉を述べました。 バンドの唯一のメンバーである彼女は、紺色のアバヤを着て髪を覆い、グループの他のメンバーと一緒に離陸して、ジェッダの歴史的な部分を観光しました。 彼女はまた、彼女の旅行が「美しい街のシーン」であったことをソーシャルメディアに投稿しました。

声優の山本直哉さんをはじめ、グループの他のメンバーがドレスを着た自分の写真を共有し、山本さんはツイッターで「サウジアラビアから帰る前に、旧市街を観光してドレスを着て撮った。みんなとのフォトセッション。」…笑」

JAM Projectはもともとミズキによって設立された9人のメンバーのバンドでしたが、前の年に坂本英三と松本梨香と一緒にバンドを去りました。 ヒカルド・クルーズはセミレギュラーメンバーですが、影山ヒロノブ、インドウマサアキ、北谷宏、オコイマサミ、福山芳樹が残りのメンバーです。

パーティーはジェダーシーズンの傑出したパフォーマンスであり、毎年恒例のフェスティバルでは、さまざまなアクティビティ、場所、体験などを通じて、沿岸都市の遺産と文化に焦点を当てています。

READ  Boruto Chapter 60:コードとチームは、ナルトに復讐する計画を実行します