Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

この日本の電動スクーターの新興企業は歩行撲滅のために 6,800 万ドルを調達

この日本の電動スクーターの新興企業は歩行撲滅のために 6,800 万ドルを調達

日本が新たな交通法を導入する中、東京を拠点とするループ – 以前紹介した 注目すべきフォーブス アジア 100 – 電動スクーターや自転車などで日本をもっとアクセスしやすくすることを目指しています。


DLoop の創設者兼 CEO の岡井大樹氏によると、理想の都市は、すべてのガソリン スタンド、オフィスビル、さらには駐車場が物理的に接続されている 1 つの大きな「駅前」です。 そこでは、人々は鉄道駅に行くのに 30 分も歩く必要がありません。実際、まったく歩く必要がありません。

「Luupはファーストマイルとラストマイルの交通手段を確立し、すべての人が自由に移動できる未来を創ることを目指しています」と29歳の岡井氏はビデオインタビューで語った。 東京大学を卒業して間もなく、若い創業者は、特に電車で簡単にアクセスできない地域で、高齢者の介護者が患者に迅速に連絡できる方法を作りたいと考えていました。 彼のアイデアは、通勤者がレンタルして乗れる電動自転車、スクーター、その他の乗り物を提供する彼のスタートアップ企業 Loop の基礎となりました。

昨年、フォーブス誌の注目すべきアジア 100 社のリストに選ばれた Loop は、軽車両を含む交通手段であるマイクロモビリティにおける日本のリーダーの 1 社として浮上しました。 2018年に設立された東京に本拠を置くこの新興企業は、日本の6都市で1万台の電動自転車と電動スクーターを展開しており、国内の電動スクーターシェアリングサービス市場の90%以上を占めている。

成長中の企業を知っていますか? 今すぐお勧めします:

フォーブスのその他の記事フォーブス誌の注目すべきアジア 100 2023: ノミネート開始

Google Play で 100,000 件以上ダウンロードされている Luup のアプリを通じて 、ユーザーは近くの港を見つけて、1分あたり15円、つまり1時間あたり約7ドルで電動自転車やスクーターをレンタルできます。 岡井氏は、このスタートアップの「超高密度」駐車ハブはファーストマイルとラストマイルの交通手段として絶好の機会となり、ユーザーは短距離でもスクーターを利用できると語る。 たとえば、通勤者は最寄りの駅まで 20 分歩く代わりに、自宅から最寄りの Loop ポートまで 5 分歩いて、残りの移動をスクーターで移動できます。

それが、Loopを、ロサンゼルスを拠点とするBirdやサンフランシスコを拠点とするLimeなどの他のアメリカの電動スクーター新興企業とは一線を画すものである。 この「ドックレス」モデルは利便性を高めますが、デバイスが損傷したり盗難に遭ったりする可能性もあります。 ロサンゼルス市警察の統計によると、ロサンゼルスだけでも電動スクーターの盗難事件は2022年までに倍増するという。

同様の課題は日本では問題になっていないと、Luup の CFO 向山聡氏は言います。 「あまり愛国的になりたくないが、一般的に日本の人々は慎重だ」と彼は言う。 「人々は、路上で物を盗もうとは思っていません。」

4月にLoopは45億円(3,350万ドル)の資金調達ラウンドを完了し、調達総額は2倍の91億円となった。 既存投資家のANRI、三井住友フィナンシャルのSMBCベンチャーキャピタル、元マッキンゼージャパン代表の平野雅夫氏率いるベンチャーキャピタル会社スパイラルキャピタルがこのラウンドに貢献した。 この資金調達ラウンドには、GMOインターネットグループや日本最大の総資産銀行の信託銀行部門である三菱UFJ信託銀行などの新たな投資家が参加した。 Loopは、このスタートアップが新しいラウンドでどのような評価を受けたかについては言及を避けたが、次のように述べた。 フォーブス 1~2年以内に黒字化が見込めるという。

「Luupは真に『社会インフラ』を構築しようとしている稀有な企業だ」とスパイラルキャピタルのパートナー、千葉隆志氏は語る。 報告 スタートアップの最近の資金調達について。 「これらの製品はユーザーの間で人気があり、日常的に使用されており、マイクロモビリティ業界における同社の支配的な地位につながっています。」

国内電動スクーター法改正でLoop拡大への道が開かれる 7月に施行される最新の規制では、16歳以上の運転手はヘルメットの着用や運転免許証の保有が義務付けられなくなり、これによりスクーターの使用事例が拡大すると岡井氏は言う。 新しい資本により、このスタートアップは今年までに日本のいくつかの主要都市に拡大し、2025年までに駅の数を3倍の10,000か所に増やす計画だ。

昨年8月に発表されたマッキンゼーのレポートによると、2018年以来、アジアはマイクロモビリティ投資のリーダーであり、北米とヨーロッパが僅差でそれに続いている。 より広範には、世界のマイクロモビリティ市場の価値は現在約1,800億ドルで、2030年までに4,400億ドルに達すると予想されていることが、4月の別の分析で明らかになった。

しかし、すべての形態のマイクロモビリティが主流になったわけではなく、2020年の時点で電動スクーターは日本の交通法で認められていないため、このスタートアップは他の新興プロバイダーとの競争に直面している。 これらには、スクーターに加えて電動スクーターやモペットも提供する、ソフトバンクが支援するOpenStreetのHello Mobilityや、昨年7月に2400万ドルのシリーズB資金調達ラウンドで日本でローンチしたソウル拠点のスタートアップSwingなどが含まれる。

“多くの [micromobility] マッキンゼー・アンド・カンパニーは、「企業は非常に迅速に拡大し、収益性をあまり気にせずに事業を拡大することに長けています」と述べています。 フランクフルトを拠点とするマッキンゼー フューチャー モビリティ センターのパートナー兼共同議長であるケルステン ハイネケは次のように述べています。 「課題は、業務をより深く理解することです…そうすれば、長期にわたって持続可能であることがわかります」と彼は付け加えた。

岡井氏は将来を見据えて、Loop が高齢者や障害者向けの車両を含むさまざまなモビリティ オプションのプロバイダーになると考えています。 チームは、自動化された機能を含め、これらのアクセス可能なオプションがどのようなものになるかを調査しています。 将来のデザインとしては、既存のモデルより最高速度が遅い一人乗りの四輪スクーターが考えられています。

「マイクロモビリティは、私たちが達成したいことへの第一歩です」と岡井氏は言う。 「私たちはネットワークベースのサービスをたくさん持っています…日常生活の問題を解決できるものは何でもあります。」

Forbes ASIA 100 をもっと見る

フォーブスのその他の記事3D プリントと粘土を使ってサンゴ礁を復元する、海洋生物学者から起業家に転身した彼を紹介します。フォーブスのその他の記事フォーブス誌の注目すべきアジア 100 2023: ノミネート開始フォーブスのその他の記事フォーブス アジア 100 2022 を参照

READ  ケープの選手7名がオールブラックスXVチームに選出、最終戦で日本と対戦